blog

”なんか気持ちいい空間”のつくり方

.1update

坂です。

現在、四日市市の現場は断熱工事が完了し、これから本格的に大工工事が始まります。

ノッティーハウスリビングのお家つくりではメーカーの建築建材はほとんど使用しません。

多く使用するのは、杉や桧の無垢材です。

窓枠、扉枠、カウンター材、階段材、巾木、廻縁など全て無垢材を削って使用しています。

よく木の家を売りにしている会社さんでも、特に枠材やカウンター材、階段材は集成材を使用している事が多いですが、

そこに杉や桧を使用していることもノッティーハウスリビングの家つくりのおいては大きなこだわりの一つです。

さて、現場にて大工さんと打ち合わせしたのは、木と木がぶつかるところをどう処理するかという内容です。

工業製品ではない無垢材は部材が長くなれば長くなるほど、どうしても0.mm単位でのズレが発生してしまうし、

また、完成してからも乾燥、収縮によりズレが生じてくる可能性があります。

はっきり言って、工業製品に慣れすぎて、このズレが許容できないという方には本物の木で家つくりすることは難しいと思います。

ただ、僕たちもこのズレを放っておくわけにはいきませんので、現場では”面取り”という方法でこのズレを目立たなくして施工するのです。

木と木がぶつかる部分、いわゆる突き付けの施工をする場合、カンナを使って”面取り”します

大工さんと何度かカンナで取る面の大きさを確認していきます。

こんな感じでいきましょう!と面取りサイズを決定しました。

細かい話と思われれる方もいらっしゃると思いますが、

こうした細かい部分の話にも、積極的に検討してくれる大工さんには本当に感謝です。

そして、こうした細かい部分のこだわりが、”なんか気持ちいい空間”をつくりあげているんです。

”木を楽しむ、ていねいな暮らし”

ノッティーハウスリビング

ホーム

資料請求

Top of This Page