blog

ぷくちゃん、暑い暑いなんて言ってられないの巻

.1update

どうも、伊賀市の現場より、現場見守りワンコ、ぷくです。

はいはい、来ました来ました、今日は朝いちから谷本さん来ましたよ。

「毎日、暑いね~ぷくちゃん、だいじょうぶ~??」と谷本さんが私のお家を覗いてくれたけど、お家じゃなくて、資材ラックの下だよ~。

見てよ~、ご主人のお家が断熱で快適だって聞いたから、私の下にもお父さんがお風呂マット敷いてくれたの。

少しはアッチチから守ってくれてる・・・はず・・・

でも、毎日毎日、大工さんがこの暑い中頑張ってくれてるから、私も暑い暑いなんて言ってられないってわけ。

だから、谷本さんにも暑くない顔して、しっぽ振っときました。

朝は、大工さんと、現場監督さんと打合せして、ささ~っと帰っていった谷本さん、色んな現場が佳境で現場監督さんも、谷本さんもバタバタなんだってさ。みんな、資材ラック下に涼みにきたらいいのにね・・・熱中症に気を付けてよ!!

 

って、思ってたら、また夕方に谷本さん、来たーーーーーーーー笑

今度はご主人と打合せなんだって♪

現場の進捗をひとつ、ひとつ確認してました。

ご主人も谷本さんもすっごく気に入ってる場所は、ダイニングの吹抜なんだって。

1階に太陽の光や風を届けてくれるので、とっても明るくて効果的なんだって。

おや? あの、横長の穴はなんだろう??

「そこはね、2階のお部屋と吹抜をつないでる開口で、眩しすぎず、暗すぎず、“絶妙”な大きさを追及したんだよ」って谷本さんが教えてくれました。なるほどね、ベッドのヘッドボード代わりにもなる壁だから、高さや光の入り具合って大事なんだね。

 

空を切り取る窓は、格子がつきました。

さっきの開口から見えてたのも、この窓なんだね~。うんうん、皆がステキって言うわけだね。明るくて柔らかい光が降り注いでる~♪

室内への光の届き方や風の行き交い方を効果的に活かした設計を「パッシブデザイン」っていうんだって。またそのお話は、谷本さんがゆっくり教えてくれるっていうので、ご主人のお家が出来上がったら、お家の見所と併せて教えてもらおうと思います。

いよいよ、今週いっぱいで大工さんが工事を終えるとのことなので、私も日々応援します。

 

木をたのしむていねいな暮らし

ノッティーハウスリビング

資料請求

Top of This Page