blog

リノベモデルの見学に行きました

.1update

坂です。

日頃、お世話になっている工務店さんの戸建リノベモデルを見学させていただきました。

前回の構造見学会に引き続き、県内の工務店さんには本当に良くしてもらっています。

既にお客様へ再販が決まっている物件ですので、写真は内観のみとなりますが、間取りも大きく変更して

BEFOREを見ていなければ、ほぼ新築のように感じる空間に生まれ変わっていました。

一般的にリフォーム工事には大きく分類して2種類あります。

①部品交換リフォーム:間取りや耐震性能、省エネ性能はそのままにお風呂やキッチンの交換、床のフローリングや壁紙の貼り替え工事をすること。

②本質改善リフォーム:耐震補強、省エネ(断熱)工事をすることで暮らしやすい間取りに変更するなど暮らしの本質が変わる工事をすること。

です。

本質改善リフォームが最近ではリノベーション(リノベ)と呼ばれ、リノベでは間取りなど室内空間もデザインも大きく変更することができます。

ノッティーハウスリビングが行うリフォーム工事の大半は本質改善リフォームです。

そして今回、見学させていただいたモデルはまさにリノベでした!!

一昔前は住宅の断熱性能が低かったため、部屋を小さく間仕切る間取りがほとんどでした。

現在の家族構成、生活スタイルから考えても、小さく間仕切る間取りのニーズはほとんどなくなりました。

また、断熱性能が向上したことによって、大空間、吹き抜けなどもリノベーションで実現できるようになってきたのです!!

ただ、注意さないといけないことは、大空間にすることで構造耐力を下げてはいけないということです。

むしろ、リノベーションするついでに構造耐力を上げないといけません。

外壁内でも構造耐力を上げることができる機会でもあります。

 

このLDKも元々は和室が2部屋だったところを一部屋に変更しています。

木構造的にはどうしても外せない柱や壁もありますが、構造検討をしっかりと行えば、

かなり理想に近い間取りが実現できます。

ノッティーハウスリビングではまだまだ新築のご依頼が多いのですが、三重県内にはたくさんの空き家があります。

条件は様々ですが、性能的に耐震補強工事や省エネ工事を行えば十分活用できる建物もたくさんあります。

気になる物件があるけど、リノベ後の暮らしがイメージできない、中古住宅の購入が不安、

現在の住まいに愛着があるのでリノベして永く住みたいけど、耐震が不安、冬が寒いなど

どんなことでも私たちにご相談ください。

耐震診断の実施や既存住宅の評価、そしてリノベ後の間取りのご提案もさせていただきます!!

木をたのしむ ていねいな暮らし

ノッティーハウスリビング

ホーム

資料請求

Top of This Page