blog

木のプレート

.1update

今回の台風、かなりの爪跡を残していきました。自然の力には勝てませんね…

私自身は被害はありませんでしたが、これまででいちばん身構えました。

皆さんのお住いの地域は大丈夫でしたか?

 

先日、四日市市日永にある虎三治(こさんじ)へ行きました石川です。

今回は家具を納めに。ではなく美味しいご飯を食べに。。。

虎三治とノッティーの繋がりはと言うと

まだ虎三治を開く前、オーナーがノッティーのイベントにコーヒーのお店で出店して頂いたところから始まり、その合間にたまたまノッティーのバックヤードにあった栗の木の板に一目惚れ。

「これで料理を出したい!」とオーナー。

そしてのちに虎三治〔食事もできる居酒屋〕を開く予定があったので、そこで使うプレートと、ついでに杉でトレーも作って欲しい!とオーダー頂いたという流れ。。。オーナーの頭の中にはその時すでに、イメージが出来上がっていたようです😊

作るにあたり

テーブルの大きさに対するトレーの大きさは?(テーブルが小さめなのではみ出したら困る)

トレーの上に乗る栗のプレートのボリュームは?

料理を乗せるには(ワックス、オイルなど)なにが良いか?

洗いに耐えるには?

反りを極力減らすには?

などなど石川とオーナーで、色々とあーだこーだ言ったのは今となっては良い思い出

そして出来上がったものがこちら。

栗のプレート

杉のトレー

ちょっと分かりにくいですが、栗のプレートは下駄のように脚がついていて少し高くなっているので、メイン料理が映えます。そして時にはデザートが乗ったりします🎵

杉のトレーは柾目まさめ(年輪が平行な木目。反りや収縮などの狂いが少ないと言われています)を使って、オーナーが心配していた反りを解消しています。見た目もとても綺麗です。

そして両方とも、ノッティーの家具同様、体に害のない蜜蝋ワックスを塗ってあります。

まだ1年経過していませんが、少し経年変化も見られどちらもお店にに馴染んでいました。

普段は家具を製作していますが、「こんなの欲しい」から始まった今回のオーナーとのお話。私自分のお店じゃないのに作るまでの過程がなんだかとても楽しかったです。

あ。

この日はノッティーの仕事を終えてからお腹ぺこぺこで行ったので、気がついたら美味しいお料理はお腹の中でした。。。なのでお料理の写真はありません😂

使用するお野菜から料理を乗せる食器など色々こだわって作ったお店。是非ノッティー産のプレートを愛でながら、美味しいお酒を飲んだり、ボリュームたっぷりのお食事を楽しんでみてくださいね。

 

 

“木を楽しむていねいな暮らし”

ノッティーハウスリビング

完成見学会やイベント情報はこちら

http://knottyhouseliving.com/news-event/

最新情報はSNSで発信しています

Facebook

https://www.facebook.com/knottyhouseliving/

Instagram

https://instagram.com/knottyhouseliving

建築施工事例はこちら

http://knottyhouseliving.com/works/

ホームページトップはこちら

knottyhouseliving.com

資料請求

Top of This Page