blog

地盤のチェック

.1update

ハッピーバレンタイン、谷本です。

今日は、お家を建てる土地の地盤のお話。

お家を建てる土地が決まったら、まず地盤調査をします。その土地の形状や立地、土地の高低を調べ、あらゆる要因からその土地の地盤状況を想定するのが事前調査です。

ノッティーでは、スウェーデン式サウンディング試験を用いています。全自動式の方法で、作業から記録に至るまで自動化になっているので、正確なデータが出せます。(いつもありがとうございます、国保住建さん)

3月に上棟を迎えるK様邸は、地盤調査の結果、補強の必要なしという結果がでました。

ただ、地盤の支持層の結果にデータのバラつきがみられました。道路から敷地が上がっていて高低差があること、すぐちかくに大きな池があることなど、昔の地形図や写真、等高線などを読み解き、お施主様と地盤調査してもらった国保住建さんと打合せをし、念には念をということで、表層改良工事を行うことになりました。

もちろん、予算も必要ですので、判断は難しいところですが、こればっかりは後でどうしょうもできなくなってしまいますので、私たちも慎重にかつ、お施主様のこれからの暮らしにベストな提案をさせていただきます。

安全で健康に暮らしていただきたいですもんね♫

表層改良とは、セメント系固化材と対象土を撹拌、混合と転圧を施して、均質な安定処理地盤の造成を行い、支持力の向上と不同沈下を抑止してくれる地盤をつくる工法なんです。

基礎はお家を支えていますが、その基礎さえもしっかり支えるよ!!という地盤を造る工法なんです。

もちろん、地盤調査をした段階で、補強の必要ありで結果で出る土地もあります。そんな時は地盤調査のデータに基づき、適した地盤補強のご提案をさせていただきます。他にも、柱状の改良体を製造して支える柱状改良工事、鋼管を回転圧入して埋め込む鋼管杭工事などがあります。

K様邸も基礎の形状に合わせて、表層改良工事が終わり、基礎工事が進んでいます。

古墳みたいで、結構この姿も好きな私・・・

基礎屋さんにバトンタッチし、基礎工事も着々と(^o^)/

基礎工事が終われば、大工さんへとバトンが渡り、3月の上棟をお施主さんも楽しみにしてくれています。

お家が完成すれば、見えなくなってしまう部分ですが、安心安全に、そしていつもの合言葉「ていねいに」お家づくりしています。

“木を楽しむ ていねいな暮らし”

ノッティーハウスリビング

▼完成見学会やイベント情報はこちら

http://knottyhouseliving.com/news-event/

▼最新情報はSNSで発信しています

Facebook

https://www.facebook.com/knottyhouseliving/

Instagram

https://instagram.com/knottyhouseliving

▼建築施工事例はこちら

http://knottyhouseliving.com/works/

▼ホームページトップはこちら

資料請求

Top of This Page