blog

オリジナル建具って??

.1update

どどんと、写真からスタートしてみました、谷本です。

ノッティーのお施主様たちには、すっかりお馴染みワードかと思いますが、『オリジナル建具』について、今日はご紹介します。

いわゆる、室内のドアや引き戸です。

ノッティーでは、無垢の杉板を使って、デザインから製作までをお施主様のイメージに合わせてオンリーワンで作るものを『オリジナル建具』と呼んでいます。

主に杉材で作りますが、他の樹種も時には対応しています。

↑この写真のように、ガラスが大きく入るデザインの時は『框戸』といって、ドアの四方をグルリと囲む『框』で構成します。反りなどを極限に抑えるために、『柾目』と呼ばれる真っ直ぐに通った木目の材料が框に使われます。柾目は貴重な部位なため、お値段も高くなります。さらに、下にレールが付かず、ドアを上で吊る『吊り戸』という金物を採用すると、扉の中では1番ハイグレードとなります。

しかしながら、下にレールがない分、お掃除も楽々ですし、日々のプチストレスから解放されるというメリットもあります。

↑框戸のドアバージョン♫

お施主様のかわい子ちゃんに付いていってみました(´∀`)

↑框戸に入れるガラスも様々です。1番人気は、やはり格子状の模様になったこのチェッカーガラスです。最近では、うねり模様や、花柄、リブ模様などなど本当にたくさんの種類があるので、それも私たちがお施主様のイメージにあうガラスを何種類かピックアップしてご提案しています。

↑中が見えたくないよーっていう場所には、杉板をふんだんに使ったフラッシュ戸をオススメしてます。お値段も抑えられる上に、収納部屋などに使ってもらえると、調湿効果も期待できます。

↑よりオリジナル感でいうと、こういうドアもできます。形や色、ドアノブ、さらには丁番などの金物に至るまで、完全オリジナルで仕上げるのがノッティーの『オリジナル建具』。

ひとつ、ひとつのお家に合わせて、こういう細部のデザインをしている時が1番楽しいのです。

最近、採用はされませんでしたが、星安さんと考えた、どうしても実現したいドアの新しいデザインを考えました‼︎形はまだまだ企業ひみつ(←おおげさ笑)ですが、近々、このデザインに共感してもらえるお施主様に出会えることを信じて、あたためておきます‼︎←すでに、北澤建具さんとも打合せ済みなので、作り方もバッチリなのです。

そんなこんなで、日々、新しいデザインを求めて、たくさんの物や人に出会いたいと思う今日この頃でした。


“木を楽しむ ていねいな暮らし”

ノッティーハウスリビング

▼完成見学会やイベント情報はこちら

http://knottyhouseliving.com/news-event/

▼最新情報はSNSで発信しています

Facebook

https://www.facebook.com/knottyhouseliving/

Instagram

https://instagram.com/knottyhouseliving

▼建築施工事例はこちら

http://knottyhouseliving.com/works/

▼ホームページトップはこちら

資料請求

Top of This Page