blog

節も愛して、なが〜く愛して

.1update

庭の紫陽花が満開です。林です。

最近リビングに置くための家具、いわゆるリビングボードと言うんでしょうか。そんな家具のご注文をたくさんいただいております。

ノッティーでオーダー家具をご注文していただくにあたり、外せないのが「節」。今日は節の話です。

ちなみに「ノッティー」って「節」って意味なんですよー。ご存知でしたか?

直訳すると「節だらけのリビング(家)」大筋でその通り!

模様と考えるとなんとなく嫌われがちな「節」ですが、枝が生えてきた跡なわけで、木が育つ上でごく自然なこと。

家具の面になる板をこのように節ありにするか、節少なめにするか、サンプルを眺めながらお客様と相談していきます。

もちろん自然のものなので個体差はあり、完成する家具がこの節どおりになるわけではないのですが、こうやって並べると「節、ないと寂しいなぁ、、、」となるお客様が多いから不思議です。

どっちが高いの?って話になると、節が少ない方が材料単価はお高いです。

なぜなら木が育つ過程でこまめに枝打ち(枝を落とす)作業がされている、つまり手がかけられているからです。

家具のパーツによってここは絶対的に節なしを使う、という場合もあるし(例えば扉の枠など)デザインによっては節が少ない材料で作った方が素敵!ってこともありますが、逆に節がいいポイントになってる〜〜!ってこともあるので、

「節」にも愛を持って選んでいただきたいなって思っています。

木を楽しむ ていねいな暮らし

ノッティーハウスリビング

完成見学会やイベント情報はこちら

http://knottyhouseliving.com/news-event/

最新情報はSNSで発信しています

Facebook

https://www.facebook.com/knottyhouseliving/

Instagram

https://instagram.com/knottyhouseliving

建築施工事例はこちら

http://knottyhouseliving.com/works/

ホームページトップはこちら

資料請求

Top of This Page