blog

原木、続々と入荷中。

.1update

坂です。

連日、原木絡みのブログですみません。

今日は木材市場で購入した杉の原木が自社製材工場に大量入荷しました。

これらの原木は全て杉材で構造材、梁材に製材されていきます。

天井に見える木材が梁材です。

かつて自社製材工場では工務店さんや大工さんが必要とする木材に対応するために、いろんな大きさの木材を挽き、ある程度のサイズまで製材した(半製品)状態で発注がくるまで残しておくという手法をとっていました。

手刻みが主流の時代は、発注がかかると要望された材寸にあらためて挽きあげて、大工加工小屋へ搬入するという流れで木材を納めます。

そういえば、先日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形遺産に宮大工や左官の技術が登録されることになったというニュースがありました。

手刻みの大工さんが本当に貴重になる時代がそこまで来ています。

木を一本一本見て、その癖を見抜き木材を加工して、組み上げていく大工さん、家具職人さんも本当に少なくなったと思います。

ノッティーハウスリビングの家つくりでは構造材こそプレカットですが、階段を含め内装造作材は全て手刻み。

自社の家具つくりも取り扱う材料は無垢材(地域材、杉、ひのき)で、自社家具職人たちは、やはり木を見て、最善の方法で加工していきます。

そして、その前にノッティーハウスリビングには製材職人がいます。

原木の癖を見定めて、一本一本、製材しています。

いよいよ、原木の製材期が始まり、工場内も活気がでてきました!!

地域の木材を通して、亀山市の地域活性化、町つくりに取り組む私たちと一緒に、先ずは地元加太の山を見に行きませんか?

特に亀山市、鈴鹿市、四日市市にお住まいの方にとっては身近にある大きな川である鈴鹿川の源流域に加太は位置しています。

皆さんの生活に直結する川の上流の様子を僕の解説付きでご案内いたします。

先日のイベントでの山見学の様子①
先日のイベントでの山見学の様子②

山を見に行こうイベントはこちらから(→

“木を楽しむ ていねいな暮らし”

ノッティーハウスリビング

▼完成見学会やイベント情報はこちら

http://knottyhouseliving.com/news-event/

▼最新情報はSNSで発信しています

Facebook

https://www.facebook.com/knottyhouseliving/

Instagram

https://instagram.com/knottyhouseliving

▼建築施工事例はこちら

http://knottyhouseliving.com/works/

▼ホームページトップはこちら

資料請求

Top of This Page