blog

机の本棚なしの理由

.1update

新年に新調した卵焼きフライパンがなぜか卵がくっついてしまうという、プチ災難?な林です。もー、なんでかなぁ?

さてさて前回に引き続き、木のこモニターをしていたMちゃんのお母さんからいただいた写真を元に、学習机「木のこ」レポートです。

木のこデスクの特徴のひとつは机の上によくある本棚がありません。

あの本棚があるがために、いろいろな物を置き過ぎてしまい、ついつい飾ってしまい、使える奥行きを狭めてはいませんでしたか?

そして中高生になると狭いのとちょっとしたダサさも手伝って、その本棚外したりしませんでしたか?

私、外しましたわ〜。

この話をお店でお客様にすると、けっこう外した率が高いんです。

そんなことを踏まえて。

木のこデスクは本棚をあえてつけていません。

奥行きはこだわりの60センチ。これは監修に入っていただいた整理収納アドバイザーの須藤さんと決めた数字です。

小学生の間はこんな感じの位置にドリルを置いて宿題することが多いですよね。

机の上には鉛筆立てや鉛筆削り、デスクライトなど最低限のものを置き、後はテキストやノートを広げてちょうどいい広さ、これが奥行き60センチなのです。

ちなみにMちゃん宅では上のお兄ちゃんがテスト期間にMちゃんの机で勉強したり、その下のお兄ちゃんも宿題をしたりするそうで(お兄ちゃん達の机もあるのですが)なぜ妹の机を使うのか?の問いには、「広いから。」だそうで(笑)

やる気を形にするもののひとつは「片付けて広くしておくくと」も大切なんですね。Mちゃんみたいに!

ひろびろーー。キレイ!

ところでMちゃんの机にはiPadがあります。年齢が上がるごとにスマホの所持率も上がり、コンセントの必要性も高まりますね。

今後オプションなどでコンセントの設置も検討していきたいと思います。

“木を楽しむ ていねいな暮らし”

ノッティーハウスリビング

▼完成見学会やイベント情報はこちら

http://knottyhouseliving.com/news-event/

▼最新情報はSNSで発信しています

Facebook

https://www.facebook.com/knottyhouseliving/

Instagram

https://instagram.com/knottyhouseliving

▼建築施工事例はこちら

http://knottyhouseliving.com/works/

▼ホームページトップはこちら

資料請求

Top of This Page