blog

みえ環境フェア2019に出展!

.1update

坂です。

昨年は三重県の地域工務店の団体”美し国家つくり協議会”で出展している”みえ環境フェア”ですが、

今年は”Forward to 1985 energy life(以下 1985)”の地域アドバイザー拠点としても出展。

1985の詳細はこちらから

今年は二足のわらじを履いての出展となりました。

環境と言えば、先日おこなわれたCOP25で、日本は地球温暖化対策を妨げているとして”化石賞”が授与されてしました。

温室効果ガス排出削減目標の引き上げや石炭火力発電への公的支援を終わらせることに言及しなかったことがその理由ということです。

日本人の多くはもしかしたら”日本は環境先進国”と思っている人がいるのではないでしょうか?

日本国内では政治家や企業家の多くは環境問題への意識は高いというイメージですが、世界的にみると、その評価はあまり高くないようです。

スウェーデンの環境活動家、グレタさんは”最大の脅威は行動を取らないこと。本当の脅威は政治家や最高経営責任者たちが行動を取っているように見せかけること”と言っていましたが、

この演説にドキッとした日本人は少なくないと思います。

環境問題に関しては小さなことでもいいので、行動を起こしていくことが、唯一の解決策なのです。

開会式に三重県、鈴木知事が登壇
鈴木知事のアップ
ミッションゼロ 2050 みえ 宣言!!

開会式では三重県の鈴木知事がミッションゼロ 2050 みえ宣言をしました。

ミッションゼロ2050 みえ宣言の内容です

そして、みえ宣言について小泉環境大臣へ報告された際のVTRが会場に流され、小泉さんからメッセージもいただきました。

小泉環境大臣からのメッセージ
二人ともに元気に満ち溢れていました

ノッティーハウスリビングでは家つくりにおいて、いかに快適、省エネ、健康に暮らすことができるのかを提案しています。

太陽の光や熱、風を設計に取り込む”パッシブデザイン”

太陽熱を暖房、給湯エネルギーに使う”OMソーラー”

OMソーラーをPR
ウッドデザイン賞を受賞した木のこもPR

家庭の省エネ、暮らしの省エネを提案する”1985”

1985ブースでは省エネクイズを実施

住宅を新築する時、リフォームする時、家電を買い替える時はこのことを実践するチャンスですので、ぜひノッティーハウスリビングにご相談ください。

快適、省エネ、健康、そして暮らしの楽しさを感じられるお家を私たちとつくりあげていきましょう!!

“木を楽しむ ていねいな暮らし”

ノッティーハウスリビング

▼完成見学会やイベント情報はこちら

http://knottyhouseliving.com/news-event/

▼最新情報はSNSで発信しています

Facebook

https://www.facebook.com/knottyhouseliving/

Instagram

https://instagram.com/knottyhouseliving

▼建築施工事例はこちら

http://knottyhouseliving.com/works/

▼ホームページトップはこちら

そろそろ準備?

.1update

こんばんは、星安です。

今回は、ノッティーのお店で取り扱っている商品をご紹介したいと思います。

お店のハミングコーナーにある「STUDIO HILLA」。

ちなみに、ハミングとは、この春からノッティーが展開している子供家具とランドセルのブランドです。 

「STUDIO HILLA」は、北欧を代表するフィンランドのブランドです。フィンランドの花や森、景色などをモチーフとした柄になっていて、北欧感たっぷりなデザインです。

地域によって違いますが、入学説明会が終わって、そろそろ入学に必要なものを揃えなきゃ💦と思われている方、ノッティーにも入園・入学グッズありますよ!

ノッティーでは、入園・入学のときに絶対にかかせないかばんシリーズ、シューズバック・巾着袋・手提げバッグの3種類をご用意しています。

シューズバッグ、手提げバッグは、ラミネート素材。汚れがつきにくく丈夫です!

巾着袋は、体操服を入れるのにぴったりのサイズです。

そして、3点セットでものご用意しています。こちらは、セット価格で少しだけお得です♪

小さいお子さんは、同じ柄でグッズを揃えることで自分のもの!ってわかりやすいので安心ですね。

入園入学のお祝いにもぜひ☺︎♪

Attachment.png

それ、オブジェじゃないです。

.1update

暑いのより寒い方が苦手!な林です。

今日はお店の薪ストーブの話。

オフシーズンは「コレって本物?」と聞かれることも多いお店の薪ストーブですが、本物です。笑笑

冬になると本当に働き始めます!

そしてもうひとつよく聞かれるのは

「危なくないんですか?」

「火事になったりしないんですか?」という質問。

薪ストーブは普通に使えば危ないことはありませんし、火が外に飛び出すことはないので大丈夫なんですよ。

仕組みをすごーーーーーーく簡単にご説明すると、薪を燃やす炉の中は常に煙突の上に向かって空気が流れる仕組みになっているんです。

なので正しく使えばフタを開けていても火や煙が逆流することはありません。

ただ焚き付けてからだんだんと燃え上がってくると、当然ながら火の粉がパチンと飛ぶことも無きにしもあらずなのでそこは注意が必要です。

燃やす木も火も自然のものなので、そこは上手におつきあいです。

ちなみに焚き付ける時は煙突から白い煙が出ますが、炉の中が完全に燃えると煙突からは煙は出ません。

灯油のストーブの上みたく、熱いの出てますよ的なユラユラしたやつ(わかります?笑)が出るだけなんです。

知らない方にとっては危なくそうな薪ストーブですが、このまろやかな暖かさを知っているユーザーさんに言わせると、もう他の暖房器具は使えないといいます。

ノッティーの建築オーナー様でも薪ストーブを導入される方、多いです!

薪集めや薪割りも楽しめちゃう方におすすめ!

お店にカタログも置いてありますので、ぜひご覧くださいね。

“木を楽しむていねいな暮らし”


ノッティーハウスリビング
▼完成見学会やイベント情報はこちら
http://knottyhouseliving.com/news-event/


▼最新情報はSNSで発信しています
Facebook
https://www.facebook.com/knottyhouseliving/
Instagram
https://instagram.com/knottyhouseliving


▼建築施工事例はこちら
http://knottyhouseliving.com/works/


▼ホームページトップはこちら
www.knottyhouseliving.com

いよいよ旅立ちます

.1update

こんにちは!

石川です。

今回の作業は先日の続きですが、今回はテーブルです。

以前にも載せました大量の材料、ベンチが40台仕上がって納品され、そのあとの材料で、テーブルを20台組んでいきます。

↓ベンチの時はこの板3枚を座面にしましたが、今回はテーブルなので7枚が天板になり、脚の部材が付きます。

ベンチ制作で大体の要領は得ていましたが、なにせ大きく重い為、少し動かすのも大変です。

ひっくり返すなんて、2人ではとうてい無理な重さになります。その分、どんな風雨にも負けない頑丈なテーブルになるので、戸外に置いて使用するにはピッタリですね!

より丈夫に作るためにも沢山のビスを使用します。

インパクトのバッテリーがすぐ無くなります。

インパクトの扱いが上手くなっていれば良いのですが…

組み上がった1台です。

実はもう一種類、細川さんが作ったテーブルもあります。こちらは正方形の天板で、デザインが違いますが、こちらもガッチリした作り。

これで、大量の家具製作は、ひと段落しました。私の筋トレも少し休憩です😄

ノッティースタッフ皆んなで切って、皆んなで塗って、皆んなで組んでの大作でした。

今となってはいい思い出?!です。

あとは喜んで使ってもらえる事を祈るばかりですね。

“木を楽しむていねいな暮らし”

ノッティーハウスリビング

▼完成見学会やイベント情報はこちら

http://knottyhouseliving.com/news-event/

▼最新情報はSNSで発信しています

Facebook

https://www.facebook.com/knottyhouseliving/

Instagram

https://instagram.com/knottyhouseliving

▼建築施工事例はこちら

http://knottyhouseliving.com/works/

▼ホームページトップはこちら

www.knottyhouseliving.com

こだわりを実現するために

.1update

現場用の靴を新調しました、谷本です。

今日は、現在大工工事真っ只中の、東員町の現場からお伝えします。

屋根葺き、床の合板などが着実に進み、段々お家の空間の奥行きや高さが、お客様と、とらえられるようになってきました。

基礎の時は、なんだか思ってたより小さいなぁって皆さん感じちゃうみたいですが、壁が段々出来てくると、視線が壁でとまり、空間認識ができるようになってきますので、おぉ、広いなーってなります。

現場では、壁断熱の前に、電気配線も始まっています。

細かい位置まで、電気屋さんと相談して、お施主様の使い勝手を考慮して、お施主様と決めた事を電気屋さんに伝えます。

この日は、壁掛けテレビの配線について、決めてきました。

電気屋さんが作業に入る前に、お施主様と打合せしました。その時の様子がこちら

↓↓↓↓

えーーーー、アナログ⁉︎と思ったそこのあなた‼︎これがいいんです。テレビの大きさを原寸で紙に書いて、リビングの壁に貼り、ソファの高さや床の高さを確認して、まず、壁掛けテレビの取付位置を決めました。

なんだかんだで、これが1番分かりやすいし、伝わります‼︎

せっかくの壁掛けテレビですから、配線は見えないようにしたいですもんね。

電気屋さんからのアドバイスもたくさんもらい、配線のし易さなども考えて、ベストな位置を決めました☺️

テレビだけではなく、サウンドスピーカー、ウーハー、DVDプレーヤーなどなど、スッキリカッコ良く見せるために、こだわりを共有しました。

週末には、壁断熱の施工が始まります。

断熱が入れば、職人さんを少しは寒さから守ってくれるはず‼︎

“木を楽しむ ていねいな暮らし”

ノッティーハウスリビング

▼完成見学会やイベント情報はこちら

http://knottyhouseliving.com/news-event/

▼最新情報はSNSで発信しています

Facebook

https://www.facebook.com/knottyhouseliving/

Instagram

https://instagram.com/knottyhouseliving

▼建築施工事例はこちら

http://knottyhouseliving.com/works/

▼ホームページトップはこちら

1 / 5012345»

資料請求

Top of This Page