blog

KHLクラフツマンズ紹介〜建具屋とっちゃん編〜

.1update

ハイおまたせ。林でーす!

不定期にお送りしている、ノッティーハウスリビングの家作りに関わる職人さんを紹介するシリーズ!!

 

さてさて今回は、私たちの会社と同じ亀山市加太にある「たてぐや   とっちゃん」北澤建具店さんの紹介です。

カメラ目線〜!

 

そもそも「建具(たてぐ)」って、普段あまり聞きなれない言葉ですよね、きっと。

ドアや障子、ふすま、などなどの総称とでも言いますか、玄関についたら「玄関建具」お部屋の中のドアなら「室内建具」と呼びます。

ノッティーハウスリビングのお家の室内建具はほぼ99%北澤建具製。

実は我が家も玄関ドア、室内建具、みんなとっちゃん製。

あ、とっちゃんというのは下のお名前からの愛称でして、建築スタッフの谷本ちゃんは「とっちゃんさん」て呼んでます。

二重敬称⁈先生様、みたいな?笑笑

 

この日はヤサシイウタの建具取り付けに現場にやって来たとっちゃん。

ヤサシイウタさんは移転工事のため、前の店舗から建具や窓枠を外して一旦保管、同じものがまた使えるように設計してあるので、今回はそれの取り付けです。

もちろん、8年前にこれを作ったのもとっちゃんなのです。

オーナーの奥様が「あぁ、懐かしい〜!」と思わず笑顔になった、数ヶ月ぶりの建具たち。

もはやビンテージ家具のような佇まいです。ステキ!

それを軽やかに「かんぺきやーー!」と自画自賛しながら取り付けていくとっちゃん。

かつて私はとっちゃんを【加太のオダギリジョー】と呼び、そんなオダギリジョーもだいぶ肥えましたが、ロン毛な外見に翻弄されてはいけません!

とても丁寧な仕事をしてくれる職人さんです。

いつもノッティースタッフの「こんな風にしたいけどどうしたらいい?」に全力で応えてくれます。

このあとも続くノッティーハウスリビングの新築物件、引き続きええ仕事、よろしくお願いします!

たのむでー、とっちゃん!

 

“木を楽しむ ていねいな暮らし”

ノッティーハウスリビング

 

その後リポート!

.1update

こんにちは!

家具担当の石川です。

今回は、以前に施工させて頂いたクリーニング店、その後どうかな?の様子伺いに

と言うのは口実で、、、近くを通ったのもありまして。

ですが、店内の什器や子供家具の製作に携わったものの、実際のこの現場には行っていないので『興味津々。。。』と言うのが本心です。

実はわたし、恥ずかしながらクリーニング店にお世話になったことが無いのです。。。

なので、見学  兼  様子伺い。です。

でもやはり自分が携わり、旅立った家具たちは、その後壊れたりしていないか、元気でやってるか(笑)が、気になるのです。普段スタッフの常駐しないクリーニング店ですのでなおさら。。。

伺った当初は雨が続いたこともあり、洗濯しているお客様がおりましたので写真はキッズスペースのみですみません。

こちらはキッズスペースが広々とあり、反対側には雑誌を読むスペースもゆったりある、小さなお子様連れでも洗濯している間も楽しめる空間。カワイイ黄色いおうちは、店の大きな窓の外からも、目立っています。

私が担当した「チビ椅子」たちはこちら

壊れていなくて安心しました´д` ;

最近のクリーニング店は、コンビニと併設されていたり、カフェと繋がっていて洗濯している間お茶や食事が出来たりと、色々あるようですが、ここは小さなお子様も退屈せずにお母さんと一緒に待っていられますね。

心地よい音楽が流れ、木のぬくもりをとても感じる、洗濯が終わってもしばらく居たくなる様なクリーニング店でした!

以上、勝手にその後リポートでした!

今度は洗濯物を持って来よ〜

木をたのしむていねいな暮らし

ノッティーハウスリビング

現場、現物、原寸

.1update

最近リンゴ酢にハマってます、谷本です。

 

名張市の現場の様子をリポートします。

大工さんから回ってきたバトンは、左官屋さんや、内装屋さんへと渡り、いよいよラストスパートな雰囲気になってきました。

この現場は、三重県初‼︎OMXを搭載している物件で、私たちも住環境がどのような快適で健康な空間を生み出すのかとても楽しみです。

しかも、機能だけではなく、随所にこだわりを散りばめております。

 

はい、まずは玄関タイル

外壁がモスグリーンなので、色むらで表情のある渋めなカラーリングのタイルで合わせています。

ここで、腰掛けて、子供たちは外でお友達と遊び疲れても休憩できちゃうぐらい広々してます。

 

中は吹き抜けの仕上げ用に内部足場が組まれました。カルクウォール(スイス漆喰)と紙クロスで仕上がる予定です。

 

トイレにはオリジナルで手洗いを造作します。水跳ねが気になる箇所に、タイル、アクセントクロスをご提案させていただきました。

 

内装だけではなく、納まりなどのディテールも現場が始まれば、現場で実際に見て、原寸で確認して、現物をあてがってみて、その空間でどう見えるかを確認しています。

 

複雑になれば、なるほど、その作業がすごく大切だと思っていますし、現場で直接職人さんたちと知恵を出し合うことが、とにかく好きなのです。これは社会人になってすぐに設計事務所時代の所長に教えてもらったことで、私の大事な仕事だと思っています。

 

私が現場に行った日は、クロス屋さんが入る前日ということもあり、クロスが切り替わるところに品番を書き入れて、カットサンプルを仮貼りしてきました。こうすることで、間違いを防ぐことはもちろん、ここが見せ場だよーーって職人さんにも伝えたくて。

 

そして、もうすぐここにお住まいになるお施主様ファミリーが、この内窓から、

「ご飯できたよー」とか、「お姉ちゃんも一緒に本読もうよー」とか、楽しい会話が生まれるんだろなーと、ひとり妄想してニヤニヤしながら、現場をあとにしました。

 

このお家の完成見学会は完全予約制にて、

8/24,8/25の2日間で開催予定です

 

私たちのこだわりを現場、現物、原寸で、ぜひ見に来てください。

 

木をたのしむていねいな暮らし

ノッティーハウスリビング

 

OM経営者会議に参加しました! 〜 その3 〜

.1update

坂です。

経営者会議の三日目はオプショナルツアー、

今年は、つくばの里山住宅博。

僕の目的は何と言っても、伊礼さん、堀部さん、森みわさんが設計された住宅が同じ場所で見学できること。

しかも、伊礼さんと堀部さん(堀部事務所のスタッフの方)は解説付きです。

今回は特にOMXを搭載している、伊礼さん設計の住まいの感想を書きたいと思います。

外観はこんな感じです。

屋根のクワトロソーラーが目を引きますが、その奥にチラリと見えている”物見やぐら”がやっぱり気になります。

LDKは南北に大開口があり、ピクチャフレームのように景色を切り取ってくれます。

建物の北側には里山の風景が広がっており、その風景を楽しむため(北側に大開口を設ける)にOMXが一役買っています。

敷地条件によっては、南側だけでなく東、西、北側に大きな開口を設けたいことがあります。

そういった場合、温熱的にどうしても不利な設計をすることになりますが、OMソーラーやOMXを活用することで温熱的な問題を解決させておけば、より敷地のポテンシャルを活かす設計ができるのです。

OMX←OMXについてはこちらへ。

お家の一番いいところには伊礼さんが座られていました。

いざ、物見やぐらへ

吹き抜けを介してリビングにつながるロフトからアクセスできます!

やっぱり、この家の特等席はここに違いない!

里山の風景を独り占めできる場所!

また、基本的な内装の仕上げは桧の床に薩摩中霧島壁、天井はピーラーでした。

*ピーラー:ベイマツの良質な部分

恥ずかしながら、伊礼さんの住宅を実際に見たのは、今回が初めてなんです。

シンプルな素材で構成される空間を上質に感じさせる細かなディテールにすごく刺激を受けました。

そして何より、”ずっと居たい”と思える空間でした。

事実、見学者の多くは伊礼さんの建物での滞在時間が最も長かったようにも感じました。

木をたのしむ ていねいな暮らし

ノッティーハウスリビング

ホーム

大工工事も終盤

.1update

こんばんは、星安です。

今回は、今週末に大工工事完了予定の四日市の現場から。

作業終盤の大工さんのお仕事の見学です☺︎

いつも元気で笑い声が響く梅田大工さんが、テキパキと惚れ惚れする仕事をしてくれています。

対面カウンターのキッチン。

カウンターと構造の柱が一体化した仕上がりで、カウンター下は収納家具になっています。

ちょうど、その仕上げをしてくれている時に遭遇。

よくある形なのですが、今までどうやって美しく仕上げてくれてるかなんて知らないまま、できあがった姿を当たり前のように見ていました💦

そんなことあんなことをしてピタッとキレイに収めてくれてたんですねーっと感動です。

ご紹介しますね。

まずは、柱を首切りして(゚дlll

その後、カウンターを木殺しして(゚дlll)柱にカウンターを差し込み、膨らませる

なんて??

どんな恐ろしいことをしてるの(゚дlll)?笑

首切りとは、四方欠き込むこと。

木殺しとは、叩いて0.40.5ミリほど、木を沈ませること。

おさらいすると、

柱を欠き込み、カウンターの切込み部分を叩いて凹ませ、差し込む。

その後、接続分に水分を含ませ、叩いて凹ませたところを元通りに膨らませたら、隙間まくぴったり美しく収まるんですって!

生きている木だからできる技。

大工さん、いろんな技を駆使してくださってありがとうございます☺︎

木たのしむていねいな暮らし

ノッティーハウスリビング

10 / 33«89101112»

資料請求

Top of This Page