blog

ALL TIME REAL ZEHな家つくり

.1update

坂です。

ノッティーハウスリビングが取り組むOMソーラーの家つくりで、また一歩、新しい取り組みを始めることになりました。

今までの健康で省エネな家つくりに加え、非常時にエネルギー自立が可能な家つくりを実現します!!

昨今の自然災害の多さ、そして新型コロナウイルスの影響で被災しても避難所に行かずに自宅で過ごすことができるような家つくりをすることが求められています。

OMソーラーが提案するエネルギー自立住宅とはどういった住宅なのか。

”高効率空調・給湯・換気システムと太陽光発電の導入、そして建物の断熱強化によって住宅の温熱環境と省エネ性能の向上をはかり、高性能な空気清浄機の導入によって空気環境を向上させる。このような住宅に蓄電池を導入することで家電も含めて常時買電量ゼロ、非常時のエネルギー自立が可能な家つくり”

このような住宅を”ALL TIME REAL ZEH”住宅と名付けています。

つまり、OMXにOMe FILTERを付属し、クワトロDMで発電したエネルギーを蓄電池に蓄えて自家消費することで常時は買電量ゼロを実現し、非常時にはエネルギー自立できるようにする(非常時のエネルギー自立率年間自給率90%以上を目標としています)

OMXとは

”太陽熱と空気熱を最適に融合させてオーダーメイドの温熱環境を叶える、全館冷暖房・全熱交換換気・給湯を1台で担う最新鋭の機器。

OMeFILTERとは

”OMXにビルトインできる医療機関でも採用されている電子式全館空気清浄ユニットで全館空調された家全体を効率よく快適な空気環境に維持します”

クワトロDMとは

”熱と電気を両方利用するシステム。発電時に太陽光発電パネルの発熱分も熱利用します”

このような住宅をつくることで190万が補助されます。(*限定129棟 *補助金を取得するためには諸条件がございます)

このスキームの良いところは建築したら終わりではなく、入居後は実測値をまとめていくことで次の家つくりに活かされていくことです。

採択された限定129棟の情報をしっかりと分析し、また次の家つくりへフィードバックさせ、進化させていくのです。

ぜひノッティーハウスリビングでも三重県で多くの”ALL TIME REAL ZEH”住宅を建築し、今後の家つくりの進化に寄与していきたいと思います。

ご興味のある方は、ぜひノッティーハウスリビングまでお問い合わせください。

“木を楽しむ ていねいな暮らし”

ノッティーハウスリビング

▼完成見学会やイベント情報はこちら

http://knottyhouseliving.com/news-event/

▼最新情報はSNSで発信しています

Facebook

https://www.facebook.com/knottyhouseliving/

Instagram

https://instagram.com/knottyhouseliving

▼建築施工事例はこちら

http://knottyhouseliving.com/works/

▼ホームページトップはこちら

インテリア、何から決める?

.1update

こんばんは、星安です。

気がつけば、もう9月も後半。すっかり秋風になって朝夕の涼しさについていけてません…。衣替えしないと💦ですね。

きょうは、前回につづき、インテリアについて。

住空間は、ベース・メイン・アクセントの3つの色で構成されていて、

必ずといっていいほど、「床、壁、天井につかうベースカラーをまず決めましょう」と書いてあります。

ノッティーで提案するお家のメインとなるお部屋(LDK)の基本となる内装仕上げは、、

・床→杉材(節あり)

・壁→漆喰または、珪藻土。一部杉板。

・天井→杉材(節なし)

となり、まず決めるベースカラーは、ほぼ同じ。

それなら、どのお家も一緒になってしまう💦💦と思いますが、そこからどうお施主様らしさを表現するかが楽しい作業なのです☺︎。

たとえば、、

レバーハンドルや家具の取手などの小物は、アイアンの黒で全体をキリッと引き締める、または、細い真鍮でさらに柔らかさをプラスして繊細な感じにする…など。

照明器具選びもかなり重要です。

たとえば、ダイニング上の照明器具。

究極のシンプルさを出すならダウンライト、存在感のあるペンダント照明で、お部屋全体のビジュアルポイントにする…などなど。

あとは、インテリアペイントやタイル、家具のデザイン…こだわる箇所は、いくらでもあるのです。

↑最初から決めていたのは、モルタルの腰壁と珪藻土の壁
最初に決めていたものは、レ・クリントの照明器具と連続した梁
最初に決まっていたのは、キッチン一体型の半円形のダイニングテーブル
最初に決めていたのは、和のイメージ、引違いの木の格子

ひとつひとつ、細かな事まで打合せで決めていきます。お施主様は、けっこう大変だと思いますが、わかりやすく選びやすいように準備する事をこころがけています☺︎。

基本はシンプルナチュラルですが、カーテンや照明器具、こだわりの小物などでいくらでもイメージは変わるのです。

これだけは新居で取り入れたい!と照明や、飾りたい小物、ソファーなど、最初から決めてくださってる方も多いので、そんなアイテムがあるなら最初に伝えてくださいね。

それを基盤にコーディネートします♪

おめでとうございます

.1update

口内炎に貼るパッチとやらを使い、1日で口内炎が治りテンション上がり気味な、谷本です

先週、基礎工事の現場を見ていただく『プランストーリー見学会』を開催しました伊賀市の現場。「Fun Time, Fun Life」がコンセプトのT様邸、建築吉日の日に、無事上棟しました♫

上棟は無事に建物が完成することと、職人さんたちの工事の安全を祈願して始まります。

お施主様の乾杯の御発声から作業開始です。

ラブリーな息子くんとも乾杯←息子くんのお神酒は入っていないのですが、この笑顔出してくれるあたり…おばちゃん嬉しい♫今度ジュースでもあげちゃおっと。

クレーンが勢いよく動き出して、大工さんたちがスタンバイしたら、息子くんは、現場監督さんとして、しっかり見守ってくれていました。

監督、ポーズバッチリですね‼︎❤︎

そして、この上棟から、新入社員の佐藤さんも作業を手伝ってくれました。

紺色の新しいヘルメットは、私もお揃いです

↑佐藤さんのヘルメットに写る自分を撮る( ̄∀ ̄)谷本。

↑安全に材料を降ろす、ノッティーメンバー。構造材の担当をした製材の兄貴こと、常務の牧森さんも現場にきて、材料チェックしてくれます。

↑ふんだんに使われる国産材の構造材。隠れてしまう材料ですが、お施主様にとってはご自身の名前が刻まれた大切な思い出の材料になります。

↑午後から雨予報も出ていたので、いつも以上のスピード感で現場を回してくれる大工さんたち。ありがとうございます。ヒューヒュー。

↑現場が進むにつれ、躍動感を身近に感じずにはいられなくなったブルック店長丈哉さん。なんか悔しい笑笑 私も行きます‼︎

ゲリラ豪雨の前に屋根を伏せ、雨仕舞いまで終えてくれたことに、すべての職人さんたちに感謝しかありません。

上棟は、お家が建つことのお祝いです。ぜひ『おめでとうございます』という言葉をお施主様におくりましょう♫

T様、当日はたくさんのお心遣いをいただき、ありがとうございました。引き続き、どうぞよろしくお願い致します。

“木を楽しむ ていねいな暮らし”

ノッティーハウスリビング

▼完成見学会やイベント情報はこちら

http://knottyhouseliving.com/news-event/

▼最新情報はSNSで発信しています

Facebook

https://www.facebook.com/knottyhouseliving/

Instagram

https://instagram.com/knottyhouseliving

▼建築施工事例はこちら

http://knottyhouseliving.com/works/

▼ホームページトップはこちら

http://knottyhouseliving.com/

地域連携の実践

.1update

坂です。

来たる、10月10日(土)11日(日)はかぶとの森テラスにて

CAMP&TREKKING KAMEYAMAを開催します!!

昨日はその下見で実際のトレッキングコースを亀山市の職員さん(登山の専門家)と一緒に歩きました。

亀山市役所関支所に集合して、いざ出発!!

先ずは観音山の展望台を目指して歩を進めていき、その後に今回のイベントのゴール地点でもある筆捨山を目指します。

ドローンでの撮影

筆捨山の名前の由来は↓の写真をご覧ください。

その後は羽黒山へ。

そしてゴール地点の関支所まで約10キロ、5時間の工程です。

かぶとの森テラスに二つのサブタイトルがあることをご存知でしょうか?

皆さんご存知のキャンプ、そしてもう一つはローカルフィットネス。

かぶとの森テラスを拠点として地元の美しい自然の中でトレッキング、サイクリング、ヨガ、ジョギングなどフィットネスをしてもらおうという取り組み。

そして、ローカルフィットネスを楽しんでもらうことで、地域の活性化を目指しています。

今回のイベントは初めて亀山市さんに協力してもらって一緒に取り組むイベントで、僕たちも力が入っています!!!

こういった取り組みも

森と木のあるライフスタイル創造カンパニーを目指す僕たちにとっては必要なことであり、地域と協力して、地元を盛り上げていきたいんです。

理想のライフスタイルを目指し、自分自身でも楽しみながら実践をしています。

ぜひ僕と一緒にイベントでトレッキングとキャンプを楽しみませんか?

↓からぜひご応募ください!!

CAMP&TREKKING KAMEYAMA

“木を楽しむ ていねいな暮らし”

ノッティーハウスリビング

▼完成見学会やイベント情報はこちら

http://knottyhouseliving.com/news-event/

▼最新情報はSNSで発信しています

Facebook

https://www.facebook.com/knottyhouseliving/

Instagram

https://instagram.com/knottyhouseliving

▼建築施工事例はこちら

http://knottyhouseliving.com/works/

▼ホームページトップはこちら

楽しい内装素材選び

.1update

こんばんは、星安です。

先週、棟上げ工事をした亀山市のA様邸の現場から↓

サッシも入り、電気配線、設備配管工事が着々と進んでいます。

今回は、内装仕上げについて。

仕上げの素材はご契約時までには決まっていますが、実際どんな色?どんなもの?などを棟上げ工事まで進むと決めはじめます。

内装仕上げってまだまだ先なのに??と疑問ですよね?でも、もう決めるんです。

塗装色やクロスの色だけなら、まだまだ先で大丈夫なのですが、タイルや床材など大きさやシリーズによって厚みがいろいろある素材が絡むと早めに決定しないといけないのです。それは、床や壁にタイルや杉板、クロスなどいろんな素材を組み合わせてもフラットに仕上がるように下地を作る必要があるからです。

明日上棟を迎える伊賀市のT様邸のプラン中です。こちらのお家は、ベースカラーは紙クロスの上に塗装。キッチン前と洗面台にタイル張。トイレと脱衣室は、インテリアペイント。

いろんな色の組合せのパターンができますが、まずは何から??

T様がはじめからイメージしていたのは、ベースカラーの、塗装色はやわらかいグレー。次に決めていただいたのは、使用したいタイルです☺︎。

↓奥さま即決のお気に入りタイル♡

塗装色のグレーも何十種類もありますし、タイルにしても柄・色・大きさも無限にあります。なので…、カタログからわたしと谷本さんが選定してサンプルを取り寄せ、そこから厳選。

絞ったおすすめの素材サンプルを見ていただいて決めていきます。

後はどう組合せるかを3パターンほどに絞って提案をします。

まだ序盤でぜんぜん進んでないですけど、イラストレーターで色付けしていきます💦

まだ、家具や建具の杉の色しか塗れてないので披露する絵ではないですが💦

たくさん色が絡む場合は、このようなプレゼンを作るようにしています。

提案した素材や色が、お施主さん好みにピタっと合ったときが1番うれしい瞬間です♪

“木を楽しむ ていねいな暮らし”

ノッティーハウスリビング

▼完成見学会やイベント情報はこちら

http://knottyhouseliving.com/news-event/

▼最新情報はSNSで発信しています

Facebook

https://www.facebook.com/knottyhouseliving/

Instagram

https://instagram.com/knottyhouseliving

▼建築施工事例はこちら

http://knottyhouseliving.com/works/

▼ホームページトップはこちら

11 / 104«910111213»

資料請求

Top of This Page