blog

耐震性能とエアバック

.1update

坂です。

先日、耐震は売りになるか?

という内容のセミナーに参加してきました。

耐震は本当に工務店の売りになるかどうかというお話。

結論としては、特に売りにならないが、家つくりのベースとして一定レベルの耐震性能が必要ということです。

ノッティーハウスリビングでは新築住宅については耐震等級3を標準として設計してきたので、特に驚きということはなかったのですが、講師の方の話では、世の中には耐震性能や省エネ性能にこだわりのない工務店がかなり多いそうです。

お話の中で住宅業界と自動車業界とを比較されていた説明がわかりやすかったです。

それは、

住宅の耐震等級とは自動車の安全性能(エアバックなど)とは同じようなことで、自動車を購入する時にディーラーさんから安全性能レベルを下げれば安くなりますよ、とか販売価格を下げるために安全性能は省いていますという話って聞いたことないですよね。

また、

住宅の省エネ性能とは自動車の燃費性能と同じようなことで、技術的に成長した燃費性能をわざわざ落としてまで、価格を下げるような販売手法ってないですよね。

というお話でした。

自動車の安全性や省エネ性って購入するお客様の視点から考えると、高いに越したことがなく、その性能をわざわざダウングレードしてまで安価なものは望まないし、

住宅の耐震性能や省エネ性能もそれと同じで、構造計算や外皮計算によりその性能が数値化できるのであれば、耐震等級3の表示やUA値(Q値)の会社基準を示すことでお客様が会社を選ぶ指標にしてもらい、わざわざ性能をダウングレードするようなことはお客様も望まないだろう、ということです。

2016年に発生した熊本地震では築10年未満の多くの住宅が倒壊しました。耐震レベルが建築基準法通りだと今回の地震のように震度7クラスが立て続けに2回発生すると倒壊に至る危険性が高くなります。

建築基準法で定められた最低基準(耐震等級1)は大地震時に家は倒壊せずに命は守れるが、住宅は損傷して地震後はそこで生活できない可能性があるレベルなのです。

大地震により住宅が損傷すれば、2回目の大地震には耐えきれずに倒壊してしまう可能性が高くなる、それが熊本地震ではっきりしたということです。

ちなみに耐震等級3で建築された住宅は一部損傷した住宅はありましたが、倒壊した建物は0棟という結果でした。

熊本地震以降、耐震等級3を確保することの重要性については

”(一社)くまもと型住宅生産者連合会”が作成した耐震等級3のススメ

により私たち工務店には周知されました。

耐震は売りになるか?

今回のセミナーに参加して、ノッティーハウスリビングで標準としている耐震等級3というレベルはやはり重要だということ、

そして、もっと木構造を学びたいという気持ちになりました。

”木を楽しむ、ていねいな暮らし”

ノッティーハウスリビング

ホーム

もう、泣いてまうわ

.1update

林です。お店担当 林です!

お店で接客をしていると、お客様の皆さまにお店の家具や雰囲気を褒めていただくこともあり、

そのたびに凄く嬉しくて、ずっと続けてきてよかったなぁ、またがんばろ!と思いますが、

その中でも最近泣きそうなくらい私の心にふわっと着地したことがあります。

数年前うちは家具のリピーターさんが少ないなぁ、お客様が納得できる家具じゃなかったのかなぁ、、、なんて思ったりしてて。

そもそも家具はそう何回も買い替えるわけでもないので、同じ方がそうそう家具注文にはいらっしゃいませんよね。

しかしながらお店オープンから14年、この頃リピーターさんが多いのです。

なんて、なんて、有り難いこと!!

「もう、<なんちゃってな木>で作られた家具は満足できないんです。なぜなら僕らはこちらのテーブルを買って本物の木を知ってしまったから。」

シビレました。

そして2回目の家具納品の時、

「実はもう次にお願いしたい家具も決めてるんです。いっぺんには買えないから、またお金貯めて少しずつ増やしていこうかと。」

倒れそうでした。嬉し過ぎて。

もうお一方、

家具をきっかけに数ヶ月おきにふらりとお買い物に来てくださるおかあさん。

お部屋のリノベーションに絡む、大もの家具が作りたいとご来店。

わたし「今回うちのことを思い出してくださってありがとうございます!」

お客様「いやぁ、だって木のこと頼むってなったらここやもぉん!」

もうね、

もうね、

泣きそうでしたよ、私。

また選んでくれる、思い出してくれるって本当にありがたく、嬉しいこと。

泣きそうになるのを、ぐっとこらえるんですが、

もう我慢するのやめて泣いてまおうかな?笑

そうだ、我慢しないで泣いてしまおう!笑

いきなり泣き出した林に遭遇したら、それは密かに感動しての嬉し泣きです。

悪しからず。ふふ。

※写真は記載のお客様とは関係ない過去の納品事例です

 

“木を楽しむ ていねいな暮らし”

ノッティーハウスリビング

 

足元を固める。合同研修会!

.1update

林です!

前日ありましたノッティーハウスリビング、ブルック、かぶとの森テラス、2社3事業合同の研修会のことを書きたいと思います。

最初にまじめなことを書きますとですね、

ノッティーハウスリビングとかぶとの森テラスを運営する弊社 三栄林産株式会社の企業理念は「木で社会貢献をする」こと。

 

社長のおじいさんの代から、ずっと山から降ろしてきた木を皮を剥き、製材し、余すことなく使うことを使命としてきました。

 

まだまだ世の中がいわゆるバブリーだった頃、木は今の数倍もの、いやいや数倍ではきかないくらいの値段で飛ぶように売れていったとのことですが、

私たちの時代はなかなか木が売れない時代になってきました。外国柄安い木が輸入されてきたり、山に入る職人も高齢化して山が荒れて、山の木そのものに価値がつかなくなってしまったという背景もあります。

「木を切ったらあかんのと違うの?」と思っている方も多いようですが、それは外国の森林のはなし。

日本は切られるべき木が切らなすぎて山が荒れている森林破壊が起きているというわけなんです。

それを打開して、地元の木を使って家を建てようよ、家具を作ろうよ!という想いで日々がんばっているのが私たちノッティーハウスリビングとブルック、もっと地元の森林を感じて欲しいと始めたのがかぶとの森テラスです。

ということでブルックスタッフが合流しての工場見学!

ブルックはもともとノッティーハウスリビングにいたタケヤさんがもっともっと地元の木で作る家具を広めたい!と始めたお店です。

カフェと雑貨もとっても素敵なお店ですが、根本はノッティーと同じで木を使っていくことが使命だと掲げている会社。

カフェ担当スタッフは初めての工事見学にまるで小学生のよう。笑

シェフ山田くんは常に前のめり。

雑貨のかなちゃんは写真撮りまくり。

カフェスタンドのうららちゃんは機械に近づき過ぎ。笑

まっちゃんは板見過ぎ。笑笑!

この景色を毎日当たり前のように見ているノッティースタッフにとっては、そんなブルックスタッフが新鮮すぎるー!

自分たちが毎日取り組んでいる仕事の足元を改めて固める研修会。

今より知って、学んで、その先へ。

 

 

 

終了後はバーベキュー楽しみました!

焼いてくれるのは、社長、常務、専務、タケヤ社長という偉い人たちの面々。

私たちはずーっと座って

「肉まだですかー?」

「エビまだですかー?」

と、焼き上がりが運ばれてくるのを箸を持って待ってました。

上司に焼いてもらうお肉は美味しいですねぇ〜。

さ、お肉食べたからにはまた明日からがんばります!

 

 

 

構造見学会を楽しむ方法

.1update

坂です。

先週末は構造見学会DAYSでした。

なんとなく理由はわかるのですが、完成見学会と比較すると構造見学会への参加希望者はかなり少ないです。

その大きな理由は、何を見たらいいのかわからない、見ても面白くないといった感じでしょうか。

でも、お家つくりを本気で考えている方にとっては完成見学会より構造見学会の方が重要だと思いますし、

僕たちもぜひ構造見学会に参加して欲しい思っています。

構造見学会では、完成すると見えなくなる構造部分(木材、断熱材など)はもちろん見て欲しいのですが、

現場での作業状況を見ていただき、その会社の家つくりへの想いを感じて欲しいと思っています。

ということで、

ぜひ、構造見学会に参加しましょう!!

建築現場状況以外にも構造見学会での楽しみ方があるんですよ。

それは、

①現場シートに書いてある会社のコンセプトの訳を聞いて、その会社の家つくりと照らし合わせてみよう!

工事現場の足場には施工会社の現場シートが掲げられていて、そこには会社名の他に家つくりのコンセプトなども書かれています。そのコンセプト通りに家つくりが行われているか確認してみてください。

ちなみに現在のノッティーハウスリビングの現場シートには”木を楽しむ、ていねいな暮らし”と書かれています。家つくりの想いは建築途中の現場からも伝わってくると思います。

*現場によっては”人と地球にやさしい、産地直造の家”と書かれた現場シートもあります。

②構造見学会の現場で働いている職人さんに話しかけてみよう!

現場に大工さんなど職人さんがいれば、ぜひ話しかけてみてください。職人さんが現場のどういったところにこだわりを持って仕事をしているのかなど、時にはマニアックな話を聞くことができます。現場で実際に仕事をしている職人さんの声を聞けるのは貴重です。

③現場の香りを楽しもう!

一般的に建材メーカーさんの既製品を多用している現場ではあまりいい香りはしないと思います。

いわゆる新築の香り(ビニールや接着剤などの建材の香り)がします。

ちなみにノッティーハウスリビングの現場では、見学会に来ていただいたお客様から必ず

”ノッティーさんの現場は本当に良い木の香りがしますね”と言われます。

内装の仕上げに杉や桧をたくさん使っているので、香りが違うんですね。

現在、ノッティーハウスリビングが建築している工事現場をお客様に見ていただけます。

特定日を決めずに、随時受付していますので、ぜひご連絡ください!

”木を楽しむ、ていねいな暮らし”

ノッティーハウスリビング

ホーム

かっこよ杉!!そう、ダジャレです!!

.1update

どうも、6月生まれの谷本です。

 

ご存知の方も、ご存じでない方も~。

ノッティーは県産材でお家を建てています。←あらためてお伝えします

各お家の造作家具もノッティーのスタッフがデザインし、

ノッティーのスタッフが製作しています。そう、すべて自社オリジナル!!

お客様をイメージして、細かい納まりもじっくり話し合って、カタチにします。

時にはお昼ご飯を食べながら打合せしたり・・・←通称ランチミーティング

ノッティーが作る家具の主な樹種は桧と、杉。

みなさんはどんなイメージをお持ちですか?

大きな声では言えませんが、私はノッティーに入社する前は正直・・・古典的な和風な家具しかできないのかな

なんて思っていたりもしました。

が!!!!しかーーーーーーーーし!!!!!

とにかく、「かっこよ杉!!」な家具を作ってくれる家具職人、福永君の手にかかれば、すごくカッコイイんです!!

木の持つ繊細さと、力強さが絶妙なバランスでカタチとなって現れるんです。

 

 

↑↑ フレンチレストラン レチュードさんのカウンター/杉

足元の軽やかさと、陰影を作り出すアクセントリブをどうしても提案したくて、何度も福永君に相談しました。

お客様をお迎えするお店の顔になる場所なので、この家具が設置させた時は本当にシビれました。

 

↑↑ 2017年 三重県立美術館で行われた椅子展に出展した福永君の作品です

「For my wife」と名付けられたこの椅子は、まさに福永君が奥さんのためにイメージして作成した椅子です。

毎日忙しく家事や子育てに追われているけど、この椅子にゆったりと座ることで、疲れを癒してくれればと・・・

ぐっと座りこめるので、もう立ちたくなくなります笑

↑↑ 同じくこの2脚も椅子展に出展したものです。

どうですか?? 曲線美や木目の美しさに惚れ惚れしませんか??

ノッティーのお店で実際に座っていただけるので、ぜひ体感しに来てください。

そして、恥ずかしがらずに

「かっこよ杉!!!」って言ってくださいね❤

 

建築の施工事例を見ていただく機会には、ぜひ空間にしっくりきている家具にも

注目してください。かなり気合入れてつくってます。

 

http://knottyhouseliving.com/about/index.html

↑スタッフ紹介

 

20 / 39«1819202122»

資料請求

Top of This Page