blog

木育祭

.1update

坂です。

ノッティーハウスリビング、秋のイベント

木育祭

開催しました。

木育祭は子供たちに木に触れてもらって

木のファンになってもらえるように木工体験を中心にしたイベントです。

*木工イベントは大人でも十分に楽しむことができますよ

今年もたくさんのご家族にご来場いただきました。

釘を打つ時、組み立て作業をしている時、

子供たちは目をキラキラさせていました。

完成したスツールやブックスタンドを大事そうに持って帰る姿もたくさん見ることができました。

今回のイベントで特に嬉しかったのはOBお施主様とノッティースタッフの家族にもたくさん来場してもらえたことです。

ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。

このイベントは春と秋の年二回、開催しています。

来春にはもっとパワーアップして、もっとたくさんのお客様に楽しんでいただきたいと思います。

想い出つくりのお手伝い

.1update

坂です。

先日、3年程前にお引き渡しさせていただいたOBお施主様宅にお伺いさせていただきました。

お家つくり当時、玄関ホールのカルクウォール漆喰をご家族に塗っていただき、その記念にと家族の手形を残したのですが、

今回の目的は新しいご家族の手形を新たに追加することです。

僕が床を養生したり、カルクウォール漆喰を湿らせて準備をしている間は、興味津々で近くからニコニコしながら、その作業を眺めていましたが、

さあ、始めようとすると

大泣き…

そして

手は頑なにグーのまま…

なんとかパーにしてもらって手形を押したのですが、力が入りすぎて失敗…

写真もブレブレ…

気を取り直して、2回目の挑戦。

パーも上手にできて、大成功!!

新しい家族の想い出がひとつ増えました!!

ご家族の幸せな瞬間に立ち会わせていただき、お手伝いさせていただいたこと、

僕にも幸せを分けていただいた、そんな気持ちになった日曜日の朝でした。

月桂樹のリース

.1update

坂です。

木のお家をお打ち合わせさせていただいているお客様から手作りのリースをプレゼントしていただきました。

ご自宅にある月桂樹で作られたそうです。

すごくいい香り…

早速、自宅の玄関ドアに飾りました。

お客様からプレゼントをいただけること、

気にかけていただいていたことは本当に嬉しいことです。

昨今、住宅業界はホスピタリティの精神が必要だと言われています。

個人的には、過剰にならない心地よい程度のホスピタリティの気持ちを心がけています。

これを意識せず、実践することって本当に難しいのですが、相手側からすると、心地よく、本当に嬉しいものです。

お客様に嬉しさを与えられることが多い僕ですが、この気持ちを心地よい住まいつくりでお返しできればと思います。

東京出張

.1update

坂です

ノッティーハウスリビングの建築スタッフ全員で埼玉県の小林建設さんへ新しいモデルハウスの見学に行きました。

小林建設さんはパッシブデザインとOMソーラー、そして地域材を主とした自然素材での家つくりをされていて、私たちのが目指している家つくりを実践している凄い会社なんです。

新しいモデルハウスはやっぱり凄かった。

僕が想像していたものより、一歩も二歩も将来を見据えたお家つくりの提案が詰まっていました。

今まで、パッシブやOMソーラーの建物見学は僕1人で行くことが多かったのですが、やっぱり百聞は一見にしかず、スタッフと素晴らしいモデルハウスを見れてよかった。

東京には前日から前のりして、気になるお店をチェック。

家具ショップ KOMA

INOUT
それぞれコンセプトがしっかりしていて、すごいお店ばかり。

そして奇跡的にオープンしていた こいずみ道具店
デザイナーの小泉誠さんの事務所兼店舗
スタッフさんのご好意で事務所内を見学させていただきました。
恐れ多くて、写真は撮れなかった。

実は小林建設さんの新しいモデルハウスには小泉誠さんデザインの家具や庵(離れ)、そしてこいずみ道具店ギャラリーが併設されています。

全てが素敵で、すごく刺激をうけて、三重県に帰ってきました。

さあ、アウトプットするぞ!!

上棟式

.1update

坂です。

ノッティーハウスリビングは協力業者会KHLクラフツマンズと一緒に断熱工事が終わる時期に、上棟式を行います。

お家つくりには本当にたくさんの人、職人、会社が携わりますが、お家が完成するまでに実際にお客様と打ち合わせしたり、お話することができる人は限られています。

ノッティーハウスリビングの建築スタッフ以外のスタッフや職人さんにはなかなかその機会がありませんでしたが、お家つくりには、たくさんの人や会社が携わるからこそ、チームワークが大事になります。

上棟式を行う意義のひとつには、ノッティーハウスリビングと協力業者会KHLクラフツマンズがお施主様のお家を力を合わせて作り上げるんだという気持ちにスイッチを入れる、そんな機会でもあります。

今回の上棟式では、お施主様からのご挨拶で本当に嬉しいことを言っていただきました。

お家つくりを考え始めてから、地元工務店やハウスメーカーなど10社以上でお話を聞かれたそうです。しかも、ご主人様は石橋を叩いて、叩いて、完全に渡れるようになってから渡る性格だということでした。

そんなお施主様がノッティーハウスリビングを選んでくれたんです。

感激しました。

上棟式に参加した全員の気持ちに熱いスイッチが入ったと思います。

工事はこれから内部の大工工事が本格的に始まります。
まずは、完成に向かって全力で取り組みます!

28 / 33«2627282930»

資料請求

Top of This Page