blog

うちエコ診断って知っていますか?

.1update

坂です。

突然ですが、皆さん、うちエコ診断という制度をご存知でしょうか?

うちエコ診断とは、

環境省が行うCOOL CHOICE推進キャンペーンの一環でご家庭の年間エネルギー使用量や光熱水費などの情報をもとに、専用のソフトを使って、お住まいの気候やご家庭のライフスタイルに合わせた省エネ、省CO2対策を提案するという制度です。

しかも、無料診断!!!!

僕はこの資格ができた平成26年度にうちエコ診断士の資格を取得し、FORWARD TO 1985 ENERGY LIFE(1985)の所属診断士として三重県で活動をしています。

この制度ができた直後はTVなどのメディアでも取り上げられたため、数件の診断をさせていただきましたが、その後はあまり知られていないのか診断の依頼がありませんでした。

この診断は省エネという観点はもちろん、省エネすることによってどのくらいの出費が削減できるのか専用ソフトが計算してくれます。

なかなか良い制度なので、もう少し普及して欲しいと思っていたところ。。。

久しぶりに診断依頼がありました!!

しかも2件連続!!

約5年の診断ブランクを埋めるために、1985の担当者さんが改めて研修をしてくれるということで参加してきました。

うちエコ診断、研修中!!

まず、なぜいきなり依頼が増えたかと言うと、TV(NHKのあさイチ)でうちエコ診断のことが放送されたからでした。

以下、NHKのHPを参照してください。

NHKのHP

メディアの力ってすごいですね!!

環境省のHPにうちエコ診断についての概要がありましたので、こちらも参照してください。

環境省のHP

こちらは少し難ししそうな内容になっていますね。。。

特に冬は暖房や給湯により家庭でのエネルギー消費が増える季節です。光熱費が高くて悩んでいるご家庭もあると思います。

そんな方はぜひ、うちエコ診断を申し込んでみてください。

うちエコ診断で完璧に悩みが解消できる訳ではありませんが、快適に省エネに暮らす良いヒントは得られると思います。

診断をご希望の方は、以下の”家庭エコ診断制度”のHPから申し込みしてください。

申し込みはこちらから

“木を楽しむ ていねいな暮らし”

ノッティーハウスリビング

▼完成見学会やイベント情報はこちら

http://knottyhouseliving.com/news-event/

▼最新情報はSNSで発信しています

Facebook

https://www.facebook.com/knottyhouseliving/

Instagram

https://instagram.com/knottyhouseliving

▼建築施工事例はこちら

http://knottyhouseliving.com/works/

▼ホームページトップはこちら

いろんな機能があるカーテン

.1update

こんばんは、星安です。

今回もカーテンの事を紹介したいと思います。

カーテンの主な役割は、

・プライバシーを守る遮蔽効果

・光を調整する、遮る効果

ですよね。

今回は、レースカーテンでいろんな機能があるものを紹介したいと思います♪

・遮熱カーテン

窓から入る熱を25%以上抑えることのできる機能がついたカーテンを遮熱カーテン。

窓からの熱が入って冷房がききにくいという事を防ぎ、省エネ効果があります。

・UVカット

紫外線を70%以上カットしてくれる機能があります。カーペットや畳、家具が日焼けするのを防いでくれます。

・ミラーカーテン

遮熱やUVカットの機能もあって外から見えにくいカーテン。

ホームセンターなどでもよく見かけられるのでみなさんご存知かなと思いますが、ミラー(鏡)のような光沢を持たせた糸を裏面(室外側)に施したカーテンです。

光を反射させるので、遮熱や目隠しの機能が発揮されます。

わたし個人的には、裏面のギラギラ感があまり好きじゃないです💦機能面では優れていますが、外から見たとき、見た目が損なう感じが好きになれず笑。

そこで、おススメなのが、

・遮像カーテン

外から見えにくいカーテンです。

一般的なカーテンでも日中は室内が見えにくいですが、夜に室内の明かりをつけた時は、人影など暗い外から見えてしまう場合があります。

それが、遮像カーテンの場合、室内の方が明るい夜でも外から見えにくいという効果があります!

効果はこんな感じ↓

左/一般的なレースカーテン 右/遮像カーテン

プライバシーが守られている感じがしますよね。

いろんな機能が組み合わされたカーテンがたくさんあります。インテリアとしても大切な存在ですけど、機能も充実していたらもっといいですよね。

木を楽しむていねいな暮らし

ノッティーハウスリビング

完成見学会やイベント情報はこちら

http://knottyhouseliving.com/news-event/

最新情報はSNSで発信しています

Facebookhttps://www.facebook.com/knottyhouseliving/

Instagram

https://instagram.com/knottyhouseliving

建築施工事例はこちら

http://knottyhouseliving.com/works/

ホームページトップはこちら

www.knottyhouseliving.com

切っても親子なダイニングテーブル

.1update

こんばんは、髪の毛が伸びてきて切りたい今日この頃の林です。

今日は前回に引き続き、滋賀のお客様のリビング家具まるごとコーディネートのご紹介です。

ダイニングテーブル、ベンチ、椅子もオーダーしていただきました。

ダイニングテーブルの長さは2m20cm

ひのき板の木目も美しく映えます。

このひのき板は元々4mの板を2枚接ぎで作っているのですが、使用したのは2m20cm。では残りの1m80cmはどうしたかというと?

こちらの御宅は2世帯住宅なのですが、4mの板を余すことなく使い、残りはお父様たち親世帯のダイニングテーブルを製作したのです。

山で育った1本の木。根元の方は息子さん世帯で、先の方がはお父様世帯でテーブルとしてまた新たな時を刻みます。なんだかちょっと素敵ですよね。

ベンチはテーブルに合わせて同じひのきで製作、椅子は宮崎椅子製作所の「4110」をチョイス。

このほかにもキッチンの一角にお子さんたちがいつでも本が読めるようにと造り付けの本棚、ご主人が楽しめるバールームにはミニテーブルを2台納品させていただきました。

テイストが統一されて素敵な部屋になりました!と大変喜んでいただいて、ほんとよかったぁ〜!

ご新築に合わせてリビング家具をまるごと製作する場合は早め早めにご相談くださいね。

窓やコンセントの位置などの細かい部分も考慮しながら、ベストポジションで製作します。

オーダー家具な暮らし、とってもいいですよ〜(^^)

木を楽しむていねいな暮らし

ノッティーハウスリビング

完成見学会やイベント情報はこちら

http://knottyhouseliving.com/news-event/

最新情報はSNSで発信しています

Facebook

https://www.facebook.com/knottyhouseliving/

Instagram

https://instagram.com/knottyhouseliving

建築施工事例はこちら

http://knottyhouseliving.com/works/

ホームページトップはこちら

www.knottyhouseliving.com

外壁が仕上がってきました

.1update

節分の日に歳の数の豆を食べようとして、娘に「お腹いっぱいになるでやめとき」と心配されました、谷本です。

先日、東員町の現場でお施主様に立ち会っていただき、外壁塗り壁の仕上げパターンの決定に立ち会っていただきました。

今回の現場には、「Sto」を採用してます。

「Sto」とは、いわゆる「塗り壁」です。

ドイツが本社の世界最大規模のメーカーで、世界各国で使用されており、私たちが使っているものはアメリカから輸入しているとのこと。多くの実績と経験から、日本の環境・風土の中でも安全に安心してご利用いただける素材です。

本塗りのサンプル

たくさんの色の中から、お客様のイメージに合ったものを何色かご提案し、決めていただきました。今回は渋めのグレーです。

塗り方は『フラット仕上げ』。

お施主様からコテ跡が分かるような、少し表情をつけたいというご希望でした

左官屋さんにコテ跡の感じを伝えるため、お施主様と私とで立ち会い、そう!その感じ!とかいういつも表現方法(笑)で、現場で実際の本塗りの色で見本を作ってもらいました。

下地モルタル完成
下地モルタル完成

いよいよ、週明けから本塗りが始まり、2/19に足場解体です。楽しみ、楽しみ。

“木を楽しむ ていねいな暮らし”

ノッティーハウスリビング

▼完成見学会やイベント情報はこちら

http://knottyhouseliving.com/news-event/

▼最新情報はSNSで発信しています

Facebook

https://www.facebook.com/knottyhouseliving/

Instagram

https://instagram.com/knottyhouseliving

▼建築施工事例はこちら

http://knottyhouseliving.com/works/

▼ホームページトップはこちら

地鎮祭を執り行いました

.1update

坂です。

先日、亀山市関町にて地鎮祭を執り行いました。

斎主は地元の関神社さんでした。

地鎮祭の式次第の中で”苅初の儀””鍬入れの儀””鋤初の儀”というのがあり、お施主様、施工者、設計者がそれぞれの役割を担うのですが、この役割が関西と関東で違うことがあるんです。

それぞれの儀式の意味をおさらいすると。。。

①苅初の儀とは鎌で土地にある草を刈り取る所作

②鍬入れの儀とは鍬で土地を整地する所作

③鋤初の儀とは鋤で柱の穴を掘る所作

となります。

三重県では

①苅初の儀:お施主様

②鍬入れの儀:施工者

③鋤初の儀:設計者

というのが一般的だと思いますが、今年の年始1回目の地鎮祭ではその役割が変わっていて、少し戸惑いました。

しかも同じ亀山市なのにと、その時は何かの間違いかと神社さんに聞くことができなかったので、今回はどうなのかと事前に斎主に聞いてみました。

すると。。。

”関西と関東で役割が違うことがある”と教えてもらいました。

しかも、昔の関西と関東の分かれ目はなんと亀山市関町だったというお話でした。

関町には東海道の関所(現在、発掘調査中)があったので、文化の分かれ目になっていてもおかしくないので、同じ亀山市でも関町を境に地鎮祭の作法が変わることもあるということでした。

お施主様による玉串奉奠
斎主による四方祓い

地鎮祭は滞りなく、取り行われました。

まもなく、工事着工となります。

“木を楽しむ ていねいな暮らし”

ノッティーハウスリビング

▼完成見学会やイベント情報はこちら

http://knottyhouseliving.com/news-event/

▼最新情報はSNSで発信しています

Facebook

https://www.facebook.com/knottyhouseliving/

Instagram

https://instagram.com/knottyhouseliving

▼建築施工事例はこちら

http://knottyhouseliving.com/works/

▼ホームページトップはこちら

28 / 88«2627282930»

資料請求

Top of This Page