blog

日本の森の価値

.1update

坂です。

先日、みえ健康省エネシンポジウム2017に参加し、

三重健康省エネ住宅推進協議会として、閉会の挨拶をさせていただきました。

基調講演をしていただきました慶應義塾大学の伊加賀先生のお話によると、

三重県は全国でも冬季の死亡率が高い県だそうです。

三重県だけでなく温暖な県ほど死亡率が高いという事実があります。

北海道を始めとする寒い県では、住まいの断熱性能が高く、冬の暮らし方に慣れている、

しかし、温暖な県では、今まで住まいの断熱性能を軽視しできた為、

家内での温度差が大きく、ヒートショックを起こしてしまう事故が多いということです。

三重県民として、住まいの携わる仕事をしている者としては、本当にショッキングな内容です。

実は、この対応策を考え、現状を改善していく動きはすでに三重県で起こっており、

行政である三重県、医師、三重大学、地元建築業者などがタッグを組んで

三重フォーラムという組織が作られています。

健康省エネな住まいは、既に国や県の重要課題になっているのです。

国や県の重要課題と言えば、もう一つ重要な事項があります。

それは、山です。

今回のシンポジウムのパネルディスカッションでも熊野市の野地木材工業さんからこのようなプレゼンがありました。

日本の森の価値について。

日本の森には水源の寛容、土砂災害防止、地球環境保全、公衆の保険など

無くなってからわかる価値が702、638億円あるそうです。

恐ろしいのは、無くなってからでないとわからない価値ということです。

森林環境は長い年月をかけて、つくられてきたものだけに、早くその価値に気づき、対策をしないといけません。

私たちの時代に、少なくともその道筋をつけないと、この価値は無くなる方向へ進んでしまうかもしれません。

今回のシンポジウム、健康省エネな住まい、

そして日本の山の現状と、自分自身にとっても再考させられる良い機会となりました。

木の家×デザイン×高性能

.1update

坂です。

先週末の土日、四日市市で完成見学会を開催しました。

今回のお家はノッティーハウスリビングが提案している三重の木、自然素材に

F&B(ファローアンドボール)インテリアペイントを各所に施した個性あふれるお家になりました。

性能としては、断熱性能がHEAT20のG2グレードという高断熱仕様でZEH(ゼッチ)認証も取得しています。

そして、サステナブル建築物先導的事業に対応する為、HEMS(ヘムス)、窓にはハニカムサーモスクリーン(断熱スクリーン)設置と

快適、省エネ性能満載のお家になりました。

ノッティーハウスリビングのお家としても今までで一番のハイスペック!

デザイン的にもお施主様のこだわりがハイスペック!

とにかく、素晴らしいお家になりました。

LDにある奥様のミシンスペース。星型のペンダントライトを奥様のが気に入っていただいたことがきっかけで生まれたスペースです。

キッチンの背面にはF&Bのインテリアペイント。

リビング階段の下にはフルオーダーでノッティーが製作したTVボード。ガラス扉の向こうにはピアノルームが繋がっています。

そして、完成見学会の早朝に必ず行う竣工写真撮影。

竣工写真はプロカメラマンさんにお願いしているのですが、どうしても自分でも撮影したくて、頑張って撮っています。

いいレンズが欲しい、といつも道具のせいにしています。

屋久島での地域活性化の取組

.1update

坂です。

屋久島へ地域材での地域活性化の取り組みを学びに

2泊3日の旅に出かけてきました。

屋久島空港に到着後、早速、

トビウオのランチを食し、

白谷雲水峡を散策。

完全に観光旅行者気分。

まずは屋久島のことを知る事が大事ですよね。

二日目からはいよいよ本番。

屋久島では現在、地杉での屋久島庁舎を建設しています。

地杉とは、屋久島で育った植林杉の事で、この活用については日本全国の課題といってもいいと思います。

今回、屋久島では、その一つの解決方法として、地杉を活用して公共建築物を建築し、

屋久島、地元製材所などと共同で会社を設立して内装材の生産販売を始めることにしました。

屋久島庁舎の建築現場で関心したことは、現実的なサイズの杉材で構造が組まれていた事です。

庁舎クラスの大きな建築物だとどうしても集成材やCLTに頼りがちですが、ここでは平屋部分の建物は全て住宅建築でも使用しているような

サイズの杉材で構造材が組んでありました。

これを実現する為には、地元の木材を活用するんだという、地元行政の英断がどうしても必要です。

地元木材を急にたくさん集めることは、不可能に近いです。

早い段階(2〜3年)からおおよその部材を特定し、地元林業家や製材所に対して、木材を分離発注しないといけません。

年度予算が基本となっている行政において、長いスパンで、木材を分離発注して、材料を確保していくのは本当に高いハードルがあるのです。

これを実現している屋久島には地元の木材とその産業を愛する本当に熱い気持ちの方がいらっしゃるのだと感じました。

内装材の工場は現在、庁舎用の製品を製造していましたが、

近い将来、屋久島というブランドを生かして内装材を県外へ販売する予定だそうです。

屋久島の杉には大きな特徴があります。

①その自然環境から真っ直ぐ伸びにくい(台風の多さ、島ならではの風の強さ)

②内地材と比較して高くならない(高くなると風の影響を受けやすいので、高くならないように進化したと思われる)

③黒芯が多い(屋久島特有の土壌が要因)

この特徴の中ではやはり③の黒芯が多いことが、内装材として使用されるときの大きなメリットです。

①と②はどちらかと言うとデメリットですが、屋久島というブランド力でカバーできると思います。

③がメリットになる意味は、黒芯は杉特有のリラックス効果や空気浄化作用のもたらす成分を多く含んでいるのです。

内装材として使用することで、健康的で快適な空間を作ることができるのです。

商品化が本当に待ち遠しいです。

地元の製材所では屋久杉の土埋木を台車で製材していました。

土埋木とは土に埋もれていた屋久杉のことです。

今回の視察で、地元、三重の木を愛する私にとっては、

ぜひこの取り組みをノッティーハウスリビングがある亀山市加太のかぶと材で実現したいと改めて強く感じました。

今回の視察では屋久島の人々、全国からこの視察に訪れた建築関係者の方など多くの素晴らしい人に出会うこともできました。

本当に有意義な視察でした。

屋久島ベンチマークツアーへ

.1update

屋久島の地元林業活性化、地元経済の活性化を目標にした木製品の発表をうけて

屋久島で行われるベンチマークツアーへ参加してきます。
なぎさまち 津エアポートライン
セントレア空港
この企画は日本自然派住宅研究機構のメンバーで
いつもは珪藻土(MPパウダー)でお世話になっている山本さんが主体になって
屋久島の木材を商品化することを実現されたということです。
地元材、三重の木にこだわっているノッティーハウスリビングにとっては
どうしても、このツアーに参加して、この企画に携わるたくさんの方の想いを直接聞いてみたかった。
製品の品質はもちろんですが、こういった地域性のある製品には”想い”というエッセンスが
どうしても必要で、これが最大の魅力でもあります。
ノッティーハウスリビングも、この”想い”をいかに伝えることができるかを常に考えながら
お客様に接しています。
さあ、屋久島に向けて出発します。

地鎮祭でした

.1update

坂です。

23日の祝日は四日市市で地鎮祭を執り行いました。

ノッティーハウスリビングにとっては今月二度目の地鎮祭でしたが、

お施主様にとっては、人生で初めての行事だったと思います。

お家つくりをするときには、住宅ローンや土地探しなど人生で初めてのことにたくさん直面することになります。

しかも家は人生で一番高額な買い物ですよね。

当たり前のことですが、私たち造り手は、このことを常に忘れてはいけません。

ほとんどのお施主様にとって家つくりは人生で初めての経験なんです。

なので、当たり前のように業界用語を使うことや一般的な業界の決まりごとひとつにしても

私たちはお施主様に対してひとつひとつ丁寧に説明する必要があるのです。

来年の一月にはいよいよ工事が始まり、

お家つくりは設計から現場へとバトンタッチすることになります。

まずは完成に向けて、ノッティーハウスリビングスタッフ一同、丁寧なお家つくりに徹していきますので、

今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

30 / 39«2829303132»

資料請求

Top of This Page