blog

KHLクラフツマンズ 内覧会

.1update

坂です。

ノッティーハウスリビングの建築に携わっていただいている職人の皆さんで構成される業者会、

KHLクラフツマンズ では、完成した建物を見学する機会を設けています。

お家つくりには欠かすことのできない各職種の職人さんですが、完成した建物を見る機会はほとんどありません。

特に地盤改良工事や基礎工事に携わる職人さんにとっては棟上げされた建物を見ることも少ないでしょう。

KHLクラフツマンズ では棟上げ工事の後に上棟式を行い、お施主様と顔合わせる機会を作っていてますが、

内覧会では完成したお家を見学していただく機会として開催しています。

先日、開催しました内覧会では5社の皆さんに来ていただきました。

地盤調査及び地盤改良工、産業廃棄物処理、外壁及び住宅設備、内装杉材の製材工場、薪ストーブのメーカー

とあらゆる業種の担当者さんに見学いただきました。

皆さん、真剣な眼差しで内覧していただいてます。

建築は設計時も工事中もチームワークが大事です。

家つくりに携わるメンバーが同じ目標に向かっていけるようにすることもノッティーハウスリビングの重要な仕事です。

完成するお家とお施主様の笑顔を想像しながら家つくりに取り組めば、間違いなく良い家つくりができるはずです。

“木を楽しむ ていねいな暮らし”

ノッティーハウスリビング

完成見学会やイベント情報はこちら

http://knottyhouseliving.com/news-event/

最新情報はSNSで発信しています

Facebook

https://www.facebook.com/knottyhouseliving/

Instagram

https://instagram.com/knottyhouseliving

建築施工事例はこちら

http://knottyhouseliving.com/works/

ホームページトップはこちら

ホーム

見学会のディスプレイ②

.1update

こんにちは、星安です。

先週末も、四日市市で、見学会をさせていただきました。

お施主様のご協力のもと、無事終えることができ、本当に、ありがだく思います。

台風の心配がありましたが、まったく影響なく暑すぎるくらいのいいお天気。

お家の中は、心地よい風が通り抜け、少し暑さを和らげていました。

今回、完成したお家のテーマは、

「古きものを愛おしむ暮らし」

落ち着きのある和の趣のお家です。

以前、その土地に建っていたお家から、欄間や照明を思い出とともに、新しいお家へ引きつぎました。

箪笥などの置き家具も同じく新しいお家にお引越しです。

これから、またご家族と歴史を重ねていくんですね

こんな感じで、新しいお家に溶け込んでいます。

では、今回も見学会のためにディスプレイを紹介します。

何も置かなくても、内障子や手洗い鉢など、和のテイストがちりばめられていますが、小物をプラスする事で、より雰囲気を出す事ができます。


実家にしまい込んである食器や花器も、陽の目を浴びてます笑

わたしの父の趣味の山野草も、たくさんある中から選ばれて凛としています笑。

和室は、3枚引き戸を閉めるとこんな感じ

柔らかな光が包みこむ個室になります。

食卓は、煮物をいただくイメージで合わせました。風船みたいな植物、フウセントウワタが、涼しげに見えませんか?

“木を楽しむていねいな暮らし”

ノッティーハウスリビング

完成見学会やイベント情報はこちら

http://knottyhouseliving.com/news-event/

最新情報はSNSで発信しています

Facebook

https://www.facebook.com/knottyhouseliving/

Instagram

https://instagram.com/knottyhouseliving

建築施工事例はこちら

http://knottyhouseliving.com/works/

ホームページトップはこちら

http://knottyhouseliving.com/

SDGs ちいさな会社からも発信します

.1update

どうもどうも、林です。

今日は9月からスタッフみんなが身につけているSDGsバッジのご紹介。

SDGsとはSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略。

国連本部で日本を含む193の加盟国の合意の下採択された「世界を変革するための17の目標」で、

読み方は単純に「エスディージーズ」です。

SDGs とは?(詳しくはこちらをクリック)

17の目標は様々な分野に分かれていて、その目標に向かって共に取り組もう!という企業や団体のスタッフが身につけています。もちろん個人でつけてもオッケー!

この色がバッジにそのまま反映されてるんですよ。

ノッティーハウスリビングがかねてから取り組んでいることは15番の「陸の豊かさも守ろう」です。

あ、ちなみにこのバッジ、金属でできているものが多い中、専務が木でできているものをセレクトしてくれたんですよ〜。

山の木を使う(木で家を建てる・家具を作る)ことによって、山に手入れが入り、うまく循環していきます。

あと12番も関係してるなぁって思うのです。

長く使えるものを提供するということも大切ですよね。

目標を掲げたからにはゴールが定めてあり、ゴールは2030年!

10年。10年て、きっとあっという間だと思う

私達の他にもバッジを身につけて取組みを表明している会社は日本にたくさんあります。

見つけたら、この会社は17の目標のうちどの事業に取り組んでいるのかな?と気にしてみてください。

小さな会社だからこそ、できることから少しずつ。

木を楽しむていねいな暮らし

ノッティーハウスリビング

完成見学会やイベント情報はこちら

http://knottyhouseliving.com/news-event/

最新情報はSNSで発信しています

Facebook

https://www.facebook.com/knottyhouseliving/

Instagram

https://instagram.com/knottyhouseliving

建築施工事例はこちら

http://knottyhouseliving.com/works/

ホームページトップはこちら

knottyhouseliving.com

製作現場より〜

.1update

こんにちは!

家具担当の石川です!

先日注文をお受けしたスツール製作の様子をリポート!

総ヒノキ、節のない色白の綺麗な板で作りました。

今回は脚部分は職人宮田さんが、座面と組み立てを石川が担当しました。

以前に紹介した接ぎ方で、ヒノキを接いで、厚みも整えた後はまーるく線を描いてカットです。

ここで初登場!「帯鋸」バンドソーです。

中学校での技術の授業で、経験されている方も多いかもしれません。思い出しましたか?そう、コレです。

曲がった線や、細かい形通りに切ることが出来るので、家具製作の場面でも活躍の場があるんですよ🎶

ミシンで布を進めるように、板を少しずつ前に押し出して、ミシンの針にあたる部分にある輪になったギザギザした刃が回転する事で切れる仕組みです。

ですが、無理矢理方向転換したり、刃にムリがかかると、あるべき場所から刃が外れてしまったり、最悪は刃が切れて使い物にならなくなります。

ちなみに私は、扱いに慣れていない頃、1日に2本、切ってしまったことがあります。ゴメンナサイ‥

そんな私も、だいぶうまく扱えるようになって心許してもらえつつあり、そろそろお友達になってもらえそうです(ᵔᴥᵔ)

線の上を切る時は、一気に切ります(私だけかな?)集中が途切れる前に切ってしまいたいからです。途中で話しかけないでくださいね笑。

はい、切れました。

今回は8脚作ります。1枚は破損した時のための予備です。

次は、切り口がギザギザバリバリしたままでは座った時に痛い思いをしてしまうので、磨きます。

ここで私の大親友、ベルトサンダーの出番です。今回は何と、逆さまにして使用します。ベルトサンダーさん、大活躍です!

丸くなった板をハンドルの様に持ち、右に左にハンドルを切って滑らかになるまで磨きます。

外周が滑らかになったら、面取りをしていよいよ組んでいきます。

金槌の下にある板は「あて木」です。直接叩いたら凹みますからね〜。

そして座面の裏に足をビスで固定したら

出来上がりです!

重ねて収納する事もできますよ。

ヒノキのいい香りのするスツール。

座りながら癒されること間違いなしです!

“木を楽しむていねいな暮らし”

ノッティーハウスリビング

完成見学会やイベント情報はこちら

http://knottyhouseliving.com/news-event/

最新情報はSNSで発信しています

Facebook

https://www.facebook.com/knottyhouseliving/

Instagram

https://instagram.com/knottyhouseliving

建築施工事例はこちら

http://knottyhouseliving.com/works/

ホームページトップはこちら

家作りなら「ノッティーハウスリビング」– Knotty House Living三重県でのhttp://knottyhouseliving.com/

地鎮祭のイメトレ⁉︎

.1update

こんにちは、谷本です。

8月下旬のお話ですが、これから始まる新しい現場で地鎮祭を行いました。

建築吉日の良き日に、お施主様はじめ、ご両親参列のもと、厳かに凛とした空気に包まれました。

地鎮祭とは、土木工事を行う際や建物を建てる際に、神様に工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式のことを言います。「じちんさい」と読むほか「とこしづめのまつり」と読むこともあります。

建物を建てる土地の氏神様の神主をお招きして地鎮祭をとりおこないます。お供え物をし、祝詞をあげ、お払いをして浄め、施主が初めてその土地に鍬(くわ)や鋤(すき)を入れます。

この日は、時々雨という予報のため、テントを立ててその時を待ちました。

始まる前に、お施主様ご夫婦とお話していて、なんと前日にYouTubeで「苅初(かりぞめ)の儀」の練習をしてくれたんですって‼︎真面目‼︎さすがです( ´∀`)イメトレ通りに上手くいきますように★

大半の方が、初めて行うことだと思いますので、そりゃ緊張しますよねー。

いざ、地鎮祭が始まると、とてもスマートに地鎮祭の作法をされている姿を見て、感動でジーンときました。

地鎮祭を大切に行うことで襟を正し、工事の安全と、ここに住まうお施主様の幸せを1番に想い、「木を楽しむ ていねいな暮らし」ができるお家をまた1棟きちんと建てさせていただきます。

員弁郡東員町、I様邸

KHLクラフツマンズとノッティースタッフ一丸となって、ステキで健康なお家建てます‼︎

I様、どうぞ末永くよろしくお願いします。

“木を楽しむ ていねいな暮らし”

ノッティーハウスリビング

完成見学会やイベント情報はこちら

http://knottyhouseliving.com/news-event/

最新情報はSNSで発信しています

Facebook

https://www.facebook.com/knottyhouseliving/

Instagram

https://instagram.com/knottyhouseliving

建築施工事例はこちら

http://knottyhouseliving.com/works/

ホームページトップはこちら

knottyhouseliving.com

8 / 39«678910»

資料請求

Top of This Page