blog

日本の木は切ったらあかんのでしょうか?

.1update

店舗スタッフ林です(^^)

 

お店にダイニングテーブルを検討しに来てくださるお客様には、希望の雰囲気やサイズなどをお聞きして、まず店内奥にあるテーブル天板を見ていただきます。

常時8枚ほどのひのきのテーブル天板が展示してありますので、お好きな雰囲気と出会えればご成約になりますし、

うーん、なんか節の感じがもうちょっとこう…というご希望があれば、もうひとつ前の段階である板の状態から選んでいただくこともあります。

以前この時お客様とのやりとりで

「この太さだと樹齢どれくらいですかね?」

「そうですね〜、少なくとも5.60年、もしくはもっと経ってるでしょうね。私達のおじいさんか、その先代くらいの時代に植えた木ですね。」

と、お答えしたところ

「そんな昔の人が植えた木を切って僕らが使ってるなんて、なんだか申し訳ないなぁ〜…。」

と言われたのです。

 

えっと、えっと〜。

それは違うんです。そんな風に申し訳なく思わなくても大丈夫なんです!

日本の杉やひのきは基本的には将来使われるために植えた「人工林」。

人が植えた木は、人の手によって手入れをして、

伐採をきちんとして、人が使い、また植える、このサイクルが正しい循環。

今私とお客様のいる位置は「使う」のところであり、なんにも悪くないのです。

ましてや今日本の木は需要が少なくなり手入れされず、伐採もされず、放置されることが多く、どんどん使っていかなきゃならない状況なんですよね。

「なぁんだ!そうなの?

あ、なんかすごく気が楽になった〜

だってさぁ、そんなの誰も教えてくれないじゃない?」

って、安心して購入していただいたのです。

 

確かに、誰も教えてくれないし、

そう思ってる方、たくさんいらっしゃるかもしれません。

もしかして「あの会社、国産の木で家建てて、家具作って、あかんやろー…」って思われてたりするのかなぁ…汗

 

だからこそ私達は

日本の木を使うことをどんどん発信して、その心地よさや木のことを知ってもらいたいのです。

 

 

国産製材への挑戦

.1update

坂です。

日本木工機械展に行ってきました。

恥ずかしながら、この種の展示会を見に行くのは初めてなんです。

今回はリフォーム工事打ち合わせ中のお客様とウッドボイラーの実機を見に行こうということでやってきました。

会場内は製材機械や木工機械の実機が展示してあり、かなりの迫力、

この展示会にくれば、木材業界が近い将来、どのような方向性に進もうとしているか、現在のトレンドや業界の困りごとなど

たくさんの情報を得られる、そのように思います。

今回の目的であるウッドボイラー

小規模事業で未活用な地元木材を有効に活用する方法としては、これがベストではないかと感じました。

実はこのウッドボイラーをお客様は店舗とご自宅の暖房と給湯の両方に使用したいというご希望があります。

ガスや電気を使用することと比較するとメンテナンスや実際の稼働に手間がかかりますが、

地元の木材を活用することでの地元林業の活性化、

そして地元材で店舗と地元住民をつなごうという想いをお持ちになっています。

地域材、地元材の利用に力を入れているノッティーハウスリビングとしては

地元材での地域活性化という想いに、できる限りお応えできるようにご協力させていただきたいです。

会場内にはこんな夢のある車の展示もありました。

間伐材のカローラ…

素晴らしい!!

自立循環型住宅研究会フォーラム

.1update

坂です。

25日と26日は自立循環型住宅研究会フォーラムに参加してきました。

と言っても、今年は発表ではなく勉強をさせていただきに行きました。

昨年、自邸の温熱レベルの検証について発表をさせていただいてから、早一年が経ちました。

今年、エントリーできなかった自分自身については深く反省しています。

今回のゲスト審査員はパッシブデザインジャパンの松尾先生。

さすがにキレ味鋭い講評でした。

昨年も審査員の先生のツッコミにタジタジでしたが、今年も審査員の先生のお言葉にしっかりと勉強させていただきました。

今回のフォーラムで印象に残ったこと、

それはやはり”窓”のことです。

窓の性能

そして、窓の役割

パッシブデザインの重要な要素の中では住まい手が唯一、自分で操作できる部材が窓です。

パッシブデザインの基本的なことではありますが、あらためて窓の性能とその役割を考えさせられる良い機会になりました。

今回の最優秀賞はCHL中部のアトリエコラボさん。

ノッティーハウスリビングでも取り組まなければならないパッシブデザインのPDCAについての素晴らしいプレゼンテーションでした。

パッシブデザイン関連の集まりに来ると、意識の高い工務店さんや設計事務所さんが多くて、

とても刺激的な二日間でした。

台風対策もパッシブデザイン!?

.1update

坂です。

超大型の台風21号が昨夜未明から紀伊半島付近をかすめ、東海地方に上陸、その後日本列島を縦断して、各地に大きな被害をもたらしました。

三重県で暮らす私にとっては毎年のように台風が直撃するので、その対処法には慣れている、何となくそんな自身がありました。

今回の台風はかつての伊勢湾台風並みとの事前情報があったにもかかわらず、衆議院選挙の投票日ということもあり、いま思うと、どちらかと言うと選挙に気が取られていたのだと思います。

我が家にはサイクルテントあるのですが、今回の台風で、このサイクルテントにやられてしましいました。

このサイクルテントがやられた訳ではありません。

それは深夜2時、暴風雨のピークをむかえた頃でした。

妻が就寝前に外を確認するとサイクテントが暴風でかなり煽られているという。

すごく危険な状態なので、様子を見てほしいとことで、いざサイクルテントのもとへ。

すると、サイクルテントの位置がズレて、中の自転車が倒れ、大変なことになっていました。

そこから朝までは暴風との闘いです。

サイクルテントの中で妻とテントを抑えながら、一夜を過ごすことになりました。

その時の写真です。

ピンボケ写真で危機感がわかりますよね。

そうなんです、今回の台風でやられたのは私と妻でした。

三重県で暮らす私たちにとって台風対策のことも適切にご提案することも地域の気候風土にあったパッシブデザインを設計手法に取り込んでいるノッティーハウスリビングの役割だと身をもって実感しました。

ノッティーハウスリビングのこだわり

.1update

坂です。

四日市市の現場では大工工事が進んでいます。

ノッティーハウスリビングのお家つくりでは建材や集成材などの使用は必要最低限と決めています。

木の家を建築している会社はたくさんありますが、ドア枠や窓枠などにも無垢材を使用することにこだわっている会社は少ないと思います。

私たちの場合、こういった枠材などの化粧材は大工さんではなく、社員の現場監督が自ら仕上げて現場へ搬入します。時には現場で取り付けまで行うことがあります。

現場監督が監督業だけでなく、家具製作までこなしてしまう、

こういった細かな木の仕事ができないと、木の家の工事を管理していくことが難しことがあります。

そして、木を愛していること、

これもノッティーハウスリビングがこだわる大事なことです。

私たちのこだわりがたくさん詰まった今回のお家も12月には完成します。

12月2日と3日の二日間は完成見学会を開催いたします。

完全予約制にての開催です。

ぜひ、お問い合わせください。

1 / 3123

資料請求

Top of This Page