blog

木造建築は躯体も美しい

.1update

建物は「完成」がゴールで、それが一番美しい姿というのが一般的ですが、木造建築は途中経過にも見惚れるほど美しいと思うのです。

こんばんは、スタッフはやしです!

先日火曜日、木の家上棟でした。

 

今回のお家は亀山市出身のフリーの設計士さんとのお仕事。ノッティーハウスリビングは施工管理を担当させていただいてます。

 

クレーンで運ばれる立派な梁!

この新しい家が棟上げされる前に建っていた古い家の梁の再利用です。弊社のスタッフ大萱がキレイに磨き直した梁、受け継がれるって素敵ですよねー。

木の家の、壁材とかがまだない状態、ものすごく木が贅沢に使ってあることがわかると思います。

今年はこのお家を皮切りに、もちろんノッティーハウスリビングデザインのお宅をブログでたくさん紹介していきたいと思いますのでお楽しみにー!

子供は引き出しが好き

.1update

スタッフはやしです。

今日は家具の配送でした。

 

2人並んで座れるロングなひのき学習机。

上のお子さんはまだ年中さん、下のお子さんはもうすぐ1歳、とガッツリお勉強するにはまだ期間がありますが、

しばらくは親子で並んで使ったり、いずれは子供達がリビングで並んで宿題ができるように、というご希望でオーダーしてくださいました。

お兄ちゃん、とりあえず座ってみた。

 

ほうほう、僕の机来たか。

新しい家具になんだか借りてきた子猫感なお兄ちゃん。笑

スタッフから「引き出し、開けてごらん〜」の声に、そっと引き出しを開けてみます。

おぉ、引き出し。

こっちも開いた。こっちも開いた。

おおー、まだ引き出しあるーー!

 

引き出しは全部で4杯。均等に配置してます。

A4のファイルがちょうど入る寸法になっています。大きすぎず、自分の入れたいサイズのものが入ることはとても大事ですよね。

こちらのお宅は壁側に細長い窓があり、鉛筆などが転がって落ちるのを避けるために、壁側に高さ1センチほどの立ち上がりを設けました。

お話を伺いながらそのお宅に合うように作れるのがオーダー家具の醍醐味です。

しばらくはお兄ちゃんとお母さん、お父さんが並んで使ったり、数年経つとお兄ちゃんは宿題、妹ちゃんはお絵かきと、仲良く使う姿が楽しみ。

オーダーいただきありがとうございました。

 

 

 

資料請求

Top of This Page