blog

Let’sクッブin加太小学校

.1update

急に春のように暖かくなってきましたね!

2/25に地域のみなさん、老人クラブのみなさん、三重県や亀山市の関係者のみなさんと一緒に加太小学校でクッブ授業が開かれました。

ノッティーハウスリビングからは専務の坂が参加させてもらいました!

今回使うクッブはノッティーハウスリビング謹製!

もちろん地元の木を使っています。積極的に地元の木を使うことで私達が住んでいる地域の山が元気になります。

なぜかと言うと!

山の木は使って植えてを繰り返し、循環することで長い年月をかけて健全な姿を保つのです。

地域の木の話を聞いたあとは、さぁ校庭にGo!

子供たちは覚えるのも早いですねぇ!

三重県でクッブのスペシャリスト県の農林水産部の水上さんの指導のもと早速開始。

初めてやったとは思えないほど上手。

 

すごく楽しかった!またやりたいーー!という嬉しい声も聞けました。

この日使ったクッブの用品は加太小学校に寄贈させていただきました。

みんなまた遊んでね〜。

そして子供たちよ!お互い練習して次回はノッティーチームと練習試合をしよう!

私達も国体に向けて練習しますんでね。笑

中日新聞で紹介されました↓

 

 

 

クッブ部、始動!

.1update

先日SNSでちょこっと触れた北欧生まれの「クッブ」。

2022年に三重県を会場として開催される
「とこわか国体」でデモンストレーション競技として行われることが決定しています!

木材を当てっこしながら陣取りゲームのようなこの競技、北欧スゥエーデンでは必ず庭に積んである薪ストーブ用の薪を使って遊びだしたのがはじまりということで、海外では競技はもとより、

バーベキューしてる横で「クッブやろーぜーい!」的な、日本でいうところのバドミントンみたいな感じなんだそうですよ。

が、しかーし!

私たちは国体出場を目指しています!

目指せ国体選手っ!!

ということで、初練習!

昼休み、12:30、工場に集合っ!

わらわらわらと集合。

ノッティーのスタッフに加えてかぶとの森テラスからもスタッフ参加です。

「ええーと、ルールは、ルールはぁー、」とルールブックを見ながら基本形から入るの大好き専務をよそに、まず野球ならキャッチボール、サッカーならドリブル練習ちゃうんかいなー?ということで、

クッブ(角材)を並べてカストピンナ(円柱の木材)を投げて当てるところから練習!

もちろんクッブ一式は借り物とかじゃなくて、現場監督兼家具職人福ちゃんの作った[マイ・クッブ]ですよ。

距離はこれまた形から入るの大好き専務が(←しつこい笑)距離をしっかり測ります。その距離8メートル。

8メートルってねぇ、すごい遠いんですよ!

全然当たらなーーーい!!

むずかしーーー!!

大切なことなのでもう一回言いますが、私達は国体目指します!

練習あるのみ!

やるぞー!

オー!

 

資料請求

Top of This Page