blog

亀山の森からふるさと返礼品

.1update

ふるさとは千葉県!実は結婚するまで関東育ちの林です。

てへ。

 

ノッティーハウスリビングのオリジナル木製品は、亀山市のふるさと納税返礼品にラインナップされていまして、

登録してからしばらく経ち、ノッティー製品に今回お申込みがありました!

亀山市に納税してくださった方ありがとうございます!

 

亀山市のふるさと納税返礼品は正直派手さはありません。

他県などから本当に亀山市を応援したい、という方が地元のええもんを気に入っていただけたら、と担当者さんはおっしゃってました。

 

ノッティーが用意している返戻品はこちら。

ヒノキの丸いカッティングボード1枚と

杉のランチョンマット2枚です。

名付けて「亀山の森からの贈り物」。

です!

今回お送りしたのは都道府県名は伏せますが都会にお住まいの方々でした。

青く、青く広がるこの亀山の森で生まれた木製品が都会へと旅立っていくのは嬉しいですね。

 

ふるさと納税、みなさんはしたことありますか?

今回自分のふるさとはどんな返戻品があるんだろう?とスタッフみんなで検査してみました。

設計谷本ちゃんのふるさと 津ぅは、ひさいの梨、おぼろタオル詰め合わせ、などなど。

うんうん。

 

家具担当石川さんのふるさと 宇都宮は餃子、餃子、餃子!!

宇都宮の餃子って本当に美味しそうだ!笑

 

私のふるさと 千葉県流山市。

これといってなーーんもない東京のベッドタウンなんですが、大きなFANCLの工場があるためか化粧品やサプリの詰め合わせなど、

あと、みりんが特産品です。(誰も聞いてないけど)

いやぁ、いろいろあるんですねぇ。

 

ぜひ亀山市をはじめ、地元三重県のふるさと納税返礼品にも注目してみてくださいね。

木をたのしむていねいな暮らし

ノッティーハウスリビング

 

家具設置の現場から〜

.1update

家具担当の石川です!

まだブログアップに緊張の色を隠せません(笑

今回は制作に携わった家具が旅立つ時のひとコマ。

先日、家具設置の現場に出ました。

とある事務所の書棚の設置です。

同じ形状の棚を18個。まずは4階まで運びます。

エレベーターがあったので、スタッフ皆ひと安心

運んだ後は、いよいよ指定の場所に設置です。

事前に採寸はしますが、実際に設置する場所にキチンと収まるかどうかはプロの技。もちろん転倒防止の固定もします。

換気扇もなんのその。家具で目隠ししますが、換気の際は開く事が出来ます。

『おーっなるほど!忍者屋敷みたいですね!想像以上っっ』

と喜んで頂けました!

この有難いお言葉が次の家具作りの糧になります。ありがとうございます。

現場では、お客様の生の声、表情が伺えるので、勉強になりますっ。

そして数年前に作らせて頂いた同サイズの書庫ともピッタリ。

使い込むにつれて、傷が出来たり色にも味が出てきますね(写真.右側)

大切に使って頂いていた事も分かり、これまた嬉しい限り。

そしてほぼ設置完了です。

ここに沢山の書類や書籍が入り、これから数年後には経年変化で木肌の色合いに味がでてくるのも楽しみですね!

また、機会がありましたら忍者屋敷みたいな家具、作らせてくださいね!

木をたのしむていねいな暮らし

ノッティーハウスリビング

大工さんからのバトンです

.1update

どうも、パイナップル大好き谷本です。

梅雨の長雨が続いてますが、ノッティーの現場はどこもフル稼働です。

 

そんな中、5月に上棟した名張市のI様邸新築工事が、先日大工工事を完了しました。

 

いつもお施主様のことを想い、軽やかに動いてくれる小川大工さん(KHLクラフツマンズの紹介記事はこちらをタップ)、ありがとうございました。小川さんが刻んでくれた階段に座り、LDKを見渡して、しばらくうっとりしていました。

ほんと、素敵な空間‼︎

 

大工工事が終わるといよいよ内装工事へとバトンが回ります。

KHLクラフツマンズの中でも1,2を争う綺麗好きな小川さんは、お施主様のためにはもちろんですが、次に入るクラフツマンズのためにも、現場をピカピカにして完了してくれます。

小川さんの中ではいつものルーティーンかもしれませんが、これまた現場綺麗で有名なコンドウタイルの近藤さん曰く、(近藤さんの紹介記事はこちら

「小川さんがこんなに綺麗にしていってくれたんだから、次にバトンをもらう職人たちはもっと綺麗にして、また次へとバトンを渡さなきゃって気持ちになるんだよ。」

と。

泣ける‼︎しびれるね‼︎

いい職人さんたちと仕事が出来てほんと幸せです。

誰もが当たり前にできるといいな、と思う事ですが、その当たり前の事を「続ける」事こそが本当に大切だと思います。

 

現場が始まると、お施主様との打合せは現場でするようにしています。どんどん出来上がっていくお家作りの過程を楽しんでいただきたいのです。

 

現場、現場と言いますが、それはもちろん大切なお家であり、これからたくさんの思い出が出来る最高の場所♡

 

私たちは、ひとつひとつの作業を大切にして、職人さんたちと知恵を出し合い、「現場」の時から、もうすでに楽しい思い出が詰まってることを、お施主様ファミリーと共有できたらいいなぁと思っています。

 

完成まであと少し、暑い夏が目の前ですが、しっかりバトンをつないでいきたいと思います。

木をたのしむていねいな暮らし

ノッティーハウスリビング

 

OM経営者会議に参加しました! 〜 その1 〜

.1update

坂です。

一年に一回、開催されるOM経営者会議に参加しました。

今年は、つくば市。

OM経営者会議はたくさんのOMソーラー会員工務店の経営者さんから勉強させていただく貴重な機会です。

会議冒頭にOMソーラーさんから、2019年は全国で74棟の家にOMXが搭載されたと話がありました。

また、OMXの普及が起因してOMソーラーやパッシブエアコンの採用も増えてきているとの報告もありました。

OMXを語るうえで欠かせない住まいの快適性や省エネ性に賛同されたお客様が、

より住まい手が暮らしに参加できる”OMソーラー”や住まいでの快適性や健康というところに魅力を感じた方が”パッシブエアコン”を選択している。

そのような動きがあるのだろうということです。

確かに、住まいの建築を考えるとき、太陽熱を利用しようとか、温熱的に快適な住まいにしようと積極的に考える方はまだまだ少ないですが、

知ってしまうとやはり、より快適に、より省エネに、より健康的に暮らせる住まいが良いと思うのは当然のことかなと思います。

そういう意味では、もっと積極的にノッティーハウスリビングが良いと考えて、提案している住まいのことを伝えないといけないと感じました。

さて、今年の記念講演は住まいの温熱環境を語るうえでは、誰もが知っている有名な方、

東京大学の前先生からOMXの未来についての話が聞けました。

タイトルは、2030年の日本の住まいについて。何をするべきなのか、何ができるのか、です。

OMXは、もっと人の暮らしを幸せにできる”

OMXには住まいをもっと楽しくできる理念と技術がある”

ZEHが普及しても発電所は必要だが、OMXが普及すれば発電所はいらなくなる”

など、OMXに取り組むノッティーハウスリビングにとっても良い話がたくさん聞けました。

また、これから日本はどんどん暑くなってくるので、夏の快適さの為に冷房をどう考えるかが大事になってくるというお話がありました。

2100年の天気予報はこんな感じになるそうです。

最近の夏の暑さを考えると、現実味のある天気予報だと思いませんか?

”快適さ”という目に見えないけれど、住まいにとっては、とても大切な部分をどのようにお客様に伝えるのか?

僕たちもしっかりと話し合って、ノッティーハウスリビングとして少しでも的確に”住まいの快適さ”をお客様に伝えていきたいと思います。

木をたのしむ ていねいな暮らし

ノッティーハウスリビング

ホーム

 

H様邸改装工事完了です

.1update

2回目登場の星安です。

前回のつづき、H様邸の改装工事について。です。

在来工法のお風呂をユニットバスに、和式トイレ男性トイレをゆったりスペースの洋式トイレにしました。

脱衣室とトイレの内装の仕上げについて、お打合せしました。

お母様からのご希望は、

トイレは、珪藻土で落ち着いた感じ。

脱衣室は、つるんとした壁でホコリがつかない感じのもの、、でした。掃除しやすいのが一番⤴︎とのことで、、、

仕上がりはこんな感じ。

珪藻土の刷毛目がより和の風合いに。そして照明によってきれいな印影が写し出され、とても上質な空間に。

脱衣室は、紙クロスの上にインテリアペイントで仕上げました。

紙クロスは、ビニールクロスと違い、静電気をおこらないので、ホコリがつかないのもポイントが高いですね。

色は、No.236 Teresa’s Green

窓に面していないので、暗く感じないように明度の高い色に、そして、隣のトイレのMPパウダー(珪藻土)に合う色でご提案させていただきました。

インテリアペイントをご提案するときに使用する塗料は、Farrow&Ballというイギリス製の塗料です。

イギリスの歴史的建造物の修復でも多く使用されるほど、上質な色がそろっているので、

日本家屋にもよく合うんです。

Teresa’s Greenは、「やわらかい青みの緑」。

名前はイギリス人ですが、焼き物の釉薬で馴染みのある青磁色に似ているのです♪

どの色を選んでもステキになる事、間違いなしの全132色ですが、お施主さまに、

「この色にしてよかったわー⤴︎」と気にいっていただけました♪

落ち着いたいい感じに仕上がりました♪

木たのしむていねいな暮らし

ノッティーハウスリビング

4 / 7«23456»

資料請求

Top of This Page