私たちが想う住まい作り

  1. こだわり1家族を想う住まいづくり/自然素材

    こだわり1 家族を想う住まいづくり/自然素材
    家族にとって住まいは、一番長く時間を過ごす場所です。
    だから、家族にとって最も安全で安心できる空間でなければなりません。
    ごくあたりまえのような考え方ですが、とても大事なことなのです。
    このあたりまえのことに、いかに真剣に取り組めるかが大事なのです。
    わたしたちは、とくに子どもたちが日々の生活で触れる部分の内装材に最もこだわりを持って住まいづくりに取り組んでいます。
  2. こだわり2地球を想う住まいづくり/パッシブデザイン

    こだわり2 地球を想う住まいづくり/パッシブデザイン
    パッシブデザインとは、“機械に極力頼らず、風・太陽光・熱といった自然エネルギーを最大限に活用し、快適な住まいをつくろうとする設計思想、設計手法”のことをいいます。
    わたしたちが住まいを設計する時には、まず立地条件(敷地条件)を読み解くことから始めます。敷地を流れる風や太陽の熱、光をどうやって設計に取り組むかを考え、省エネルギーな住まい方の提案をいたします。
  3. こだわり3地球環境を想う住まいづくり/三重の木・亀山市産材

    こだわり3 地球環境を想う住まいづくり/三重の木・亀山市産材
    わたしたちは、亀山市加太で創業以来、65年以上もの間、ずっと木に携わる仕事をしています。ですので、木に対する想い、とくに三重の木や亀山市産材といった地元材の活用には強い想いを持っています。
    先人がわたしたちのために植林した木々の多くはすでに切り旬を迎えており、間伐などの手入れも含めて早急に対処していく必要があります。全国でも有数の林業県である三重で暮らすわたしたちにとって山が荒れることは、大きな問題です。先人たちが残してくれた優れた財産を放置するだけではなく、大きな自然災害を引き起こす危険性もあるのです。これらの問題を解決する方法は、たったひとつ“地元の木を積極的に使うこと”なのです。
  • tsumugu|たどりついたニュートラルスタイル 小さめに作ったちょうどいい家 必要なぶん、必要なだけ。
  • プチメゾン~ブランシュ~|陽の光がよく、似合う、まぶしいくらいの白い家
  • パッシブデザイン
  • OPEN HOUSE|実際の木の家での暮らしをご覧いただけます
  • マキビトクラブ|薪ストーブのある暮らし
  • ぼくらの森を復活させようプロジェクト

資料請求

Top of This Page